ピクシブ百科事典

HAW206

えいちえーだぶりゅーにーまるろく

HAW206とは、テレビアニメ「攻殻機動隊S.A.C.」に登場するロボットである。

概要

サソリのような形をした巨大な多脚戦車
その大きさはタチコマの倍以上で、タチコマが全体的に丸っこいボディをしているのに対して、このHAW206は全体的に角が多い。
架空の会社「剣菱重工」が開発した新型多脚戦車で、初登場時は薄いベージュ色、陸上自衛軍に正式に採用されてからはミリタリーな深緑色となっている。

性能

両腕には12.7mm×99mm弾を発射する3砲身ガトリングガン、メインボディにはフレアディスペンサー、ジャミング装置がある。
特に、このジャミング装置は、レーザー照準の対戦車ミサイルの照準を様々な手段で妨害するだけでなく、逆探知して射手へと送り返す事も可能とする。
また、サソリの尾に見える砲塔には、120mm砲と発煙弾発射筒が装備されている。
鷹の目に使用する衛星とリンクすることもできる。

また大きさに見合った高い防御力と重量を持つ。
7.62mm弾は完全に弾かれ、12.7mm弾でも表面が黒く焦げて僅かにへこむ程度でまるでダメージにならない。
さすがに20mm弾は抜けるのか、衛星を介して射線を解析して避けている。
体当たりで高速道路の料金所を全壊し、タチコマ5体に上り坂でワイヤーで引っ張られても動ける。

しかし素早い動きはあまり得意でないのか、足場が崩されるなどに弱く、可動部が多いため、可動部を絡めとる対対多脚戦車兵器である短時間で硬化する粘着弾にも弱いのが弱点である。

pixivに投稿された作品 pixivで「HAW206」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7446

コメント