ピクシブ百科事典

HOS

ほす

『HOS』とは、押井守による映像作品『機動警察パトレイバー the MOVIE』に登場する架空のデジタルプログラムの名称。
目次[非表示]

概要

正式名称は『H.O.S.』(Hyper Operating System、ハイパー・オペレーティング・システム)。

機動警察パトレイバーシリーズ劇場版作品第1弾『機動警察パトレイバー the Movie』における物語の中核を成すデジタルプログラム

構成

作品中に登場する多足歩行式重機レイバー」で使用される操縦制御システムプログラムの1つで、レイバー製造および販売を手がける大企業篠原重工』が低迷気味にある社運の挽回を賭けて物語の2ヶ月前に発表した最新型OS

同社ソフト開発事業部所属のプログラマーである帆場暎一がほぼ独力で作り上げ、従来の同社製OS『L.O.S.』(Labor Operating System、レイバー・オペレーティング・システム)と比較して「プログラム駆動のみで機体の基本性能を30%引き上げる」を打ち出した画期的なOSとして話題を呼び、僅か2ヶ月の間に国内登録済レイバーの8割近くに搭載された。

暴走

政府主導の東京湾開発計画バビロンプロジェクト』で確固たる実績を証明する一方、HOSが世に出回り始めた頃から都内で不可解なレイバー暴走事件が頻発するようになり、これを独自に調査した警視庁特車二課第二小隊隊員である篠原遊馬によって極めて危険な因子が介在している事実が確認され、さらにHOSとレイバー暴走事件との因果関係を追及した末に「レイバーの鋭敏なセンサーにのみ反応する低周波(10.21Hz)が暴走の引き金となる」とする結論に至った。

その後、特車二課整備班主任のシバシゲオと共に様々な検証を進め、

  • 強固なプロテクトで保護された怪しい不可視属性ファイルが同梱されている
  • 規定の低周波を発生させる高層建造物が東京湾臨海地区に林立している
  • 共鳴現象と増幅現象の相乗効果で低周波が広範囲に拡散する
  • 開発計画作業用レイバーを管理する海上プラットホーム「方舟」が共鳴現象の要となる

の決定的な4点、さらにはこれらが類稀な特定条件「風速40m/s」と合致する事で低周波が東京湾臨海地区を中心に関東地方一円まで拡大し、少なく見積もっても「首都圏各所に存在する約8000体のHOS搭載レイバー(ジオフロント深部、原子力発電所炉心部作業機含む)の一斉暴走」という驚愕の答え、即ち帆場がHOSに託した真の目的を遂に暴き出したが、折しも東京に近付きつつある大型台風の暴風圏内は風速40m以上、さらに上陸は2日後とあって火急の対策を迫られる運びとなった。

正体

シバの緊急要請に応じたMIT(マサチューセッツ工科大学)による不可視属性ファイルのプロテクト解除および解析の結果、その正体バックアップメモリパターン学習用SRAMなどに偽装潜伏し、アクセスした対象への迅速な感染発症を繰り返し、さらにはプログラム改変や論理的排除による抹消を見越した自己修復機能も備える凶悪なコンピュータウイルス(現在の「トロイの木馬」型ウイルス)であると判明した。

HOS搭載の起動ディスケットを中継してこのウイルスに感染したレイバーは、規定周波数の低周波を感知するとブラックスクリーンに切り替わり、画面中に赤文字で「BABEL」と表示され続けるだけで一切の人為的制御を受け付けない状態となるが、このウイルスの最も恐ろしい特徴は「起動ディスケットを排出する」「ブレーカースイッチで主電源を切る」といった強制停止行為の無力化、つまり「OS範疇外の制限すらも無効化して感染した機械を起動する」(キーを挿してもいないバイクが何の前触れも無く動き出すようなもの)という点にあり、これに加えてHOSを排除しようとする者を敵対認識して無差別に襲撃するようになる。

これらの症状によってレイバー搭乗者、あるいは遠隔操作をしている者は感染したコンピューターを物理的に破壊する以外に一切の停止手段を失うため、HOSでの運用を前提とした『零式』(AV-X0)が暴走した際には泉野明が外部から電脳を破壊して沈黙させる結果となった。

事件後、不可視属性ファイルに収められたウイルスプログラムを完全解明したMITの調査チームによってワクチンプログラムが開発され、部分的ではあるがHOSの危険性を認めた時点からの省庁関係への根回しと併せて、あわや大惨事の責任を負う所であった篠原重工は倒産の危機を免れた。

評価

『機動警察パトレイバー the Movie』が封切りされたのは1989年平成元年)であるが、すでに

  • コンピューターが浸透した近未来社会がもたらす将来像
  • 特定の高性能OSが市場を席巻することへの警鐘
  • コンピュータープログラムを利用したサイバーテロリズムの予見

の3点をテーマに据えた鋭い先見性で高い評価を受けている。

また、放映当時からHOSの起動画面に衝撃を受けた者が多く、古くはPC-9801上でHOSの起動画面とログインウィンドウを再現するMS-DOS用差し替えプログラムが存在し、以降もスクリーンセーバーや壁紙などが有志の手によって作り続けられており、近年ではアニメをテーマとしたコラボレーションTシャツロゴデザインにも起用されている。

その他

篠原重工八王子工場の一室に保管されていたマスターコピー版HOSに限っては、「Go to,let us go down, and there confound their language,that they may not understand one another's speech.」という『旧約聖書』創世記11章7節の文言が表示されてからウイルスが覚醒する描写が成されている。

この文言は、押井守が自身の作品に度々引用している『世界古典文学全集5・聖書』(筑摩書房)からのものであり、後藤喜一の暗唱によって

  • 和:エホバ降りて、彼の人々の建つる街とを見給えり。いざ我等降り、彼処にて彼等の言葉を乱し、互いに言葉を通ずることを得ざらしめん。故にその名は、バベルと呼ばる。

  • 英:And the LORD came down to see the city and the tower, which the children of men builded.Go to,let us go down, and there confound their language,that they may not understand one another's speech.Therefore is the name of it called Babel.

  • 訳:主は天より降り、人の子たちの建てる街と塔をご覧になった。さあ、我らは地に降って彼らの言葉を乱し、互いに言葉が通じないようにしよう。これにより、その街の名はバベルと呼ばれた。

とする全文が明らかとなるが、これは創世記の11章5節と7節、9節序文を一纏めにしたものである。

なお、漫画版では単に「レイバーの性能を向上させる篠原重工製新型OS」として描かれている上に開発者の帆場も存命であり、普及に関して『SEJ』(シャフト・エンタープライズ・ジャパン)と協力関係にあるなど設定が大幅に異なる。

関連イラスト

  • 起動画面(マスター版)
壁紙04『HOS Master Version』



  • 起動画面(ウイルス分離版)

壁紙05『HOS Zero Version』



  • ブラックスクリーン時

パトレイバー劇場版風壁紙



関連タグ

ゆうきまさみ 押井守
機動警察パトレイバー 泉野明 篠原遊馬 帆場暎一
コンピューター ウイルス トロイの木馬

pixivに投稿された作品 pixivで「HOS」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 261970

コメント