ピクシブ百科事典

Hi-νガンダム

はいにゅーがんだむ

HI-νガンダムとは、小説「機動戦士ガンダム逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン」に登場するνガンダムである。
目次[非表示]

ニュータイプは殺し合う道具じゃない!!」

スペック

型式番号RX-93-ν2
頭頂高20.0m
全備重量63.0t
総出力2980kW
スラスター推力97800kg


概要

漫画『ベルトーチカ・チルドレン』及び『CCA-MSV』に登場するνガンダム
小説ベルトーチカ・チルドレンの8・9Pの口絵で描かれた「小説版νガンダム」を基に、ホビージャパンの小説版νガンダムをスクラッチする企画やニュータイプでの小説版のνガンダムを立体化する企画、 機動戦士ガンダム逆襲のシャア―データコレクション7でのCCA-MSVでの設定も加わり、出渕裕氏による数度の再デザイン、リアルロボット戦線などいくつものゲームへの出演を経て、完全仁νガンダムとは別の機体としての地位を確立した。
また、漫画『ベルトーチカ・チルドレン』ではそれらに準ずる形でデザインが変更されている。ただし作中では原作通り「Hi-ν」の呼称は使われておらず、「Hi-νガンダム」とは、あくまで劇場版に登場したνガンダムと区別する為の便宜上の名前という意味合いが強い(同様の手法は、新機動戦記ガンダムWとその続編である新機動戦記ガンダムW Endless Waltzに於いても用いられている)。

末端肥大気味な手足を持った初期デザイン版と、出渕によるリファインに伴い公式設定に組み込まれたリファイン版の二種類に大別され、リファイン前後で細かいディテールやシルエットに差異が見られるが、どちらも淡い青と白を基調としたカラーリングと、左右対称に配されたフィンファンネルラックが特徴。
出渕によるデザインの他、カトキハジメによるリファインもされており、こちらは出渕による初期デザインに近いスタイリングにまとめられている。

νガンダムとの相違点はファンネルラックにフィンファンネルを再装着することが可能である点が挙げられ、これによってフィンファンネルの稼働時間が格段に向上している。
また「ベルトーチカ・チルドレン」作中ではサイコ・フレームの入手経路が異なっており、5thルナでシャア・アズナブルが意図的にサイコ・ドーガをロンド・ベル側に鹵獲させる事でサイコ・フレームを流出させている。
また、設定上はνガンダムと同性能であるが、一部ではジェネレーターの出力が向上しているという設定もある。

現在は基本的にリファイン後の姿でゲーム作品などに登場しているが、体型については関連イラストや立体物によっては公式設定画よりも太めにアレンジされることもあり、程度はその都度異なっている。
なお、公式化前のスーパーロボット大戦シリーズやGジェネレーションシリーズにおいては「νガンダムの発展型」あるいは「十分なテストを重ねて完成されたνガンダム」という設定で登場しており、現在でもこの設定を引き継いでいるゲームや書籍も存在する。

武装

基本的にはνガンダムのものと違いは無いが、本機のみが装備するものや装備数に違いがある。以下にそれを記載。

ビームサーベル

装備位置がファンネルラックの基部に変更され、本数も左前腕部の予備と合わせて3本へと増加している。またビーム刃は、νの曲刀・ピンク色から直刀・水色へと変わっている。

腕部マシンガン

右前腕部に内臓。単装実弾式で肘にマガジンが装備されている。

フィン・ファンネル

前述の通り、ファンネルラックに装備される。ゲームで使用するとララァをモチーフとした白鳥が登場することがある。

ハイパー・メガ・バズーカ・ランチャー

アクシズの核パルスエンジンを破壊するために使用した大出力ビーム兵器。ラー・カイラムより伸ばされたエネルギー・チューブを機体に直結するエネルギー供給システムで運用されている。ゲームなどでは登場していたが、ガンダムエース2016年12月号掲載のベルトーチカ・チルドレンで柳瀬氏によるデザインが遂に漫画内で登場した。

バリエーション

Hi-νガンダム HWS

νガンダムHWSに相当する機体。
νガンダムと同様の構成の第一形態と、ハイパー・メガ・シールド用の増加パーツをバックパックに装着し、ニュー・ハイパー・バズーカを背中に二本マウントした第二形態の二種類が存在する。
フロントスカートにはジ・Oナイチンゲールと同様の隠し腕を持ち、ミサイルランチャーは胸部に移設されている。また、ハイパー・メガ・ライフルはビーム・ライフルの外装オプションという形で設定されている。

Hi-νガンダム(GPBカラー)

模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングGに登場するガンプラ
ガンプラという事もあり、デザイン自体はリファインされた後のものが利用されているが、作画的に末端肥大気味なアレンジが加えられており、イメージ的にはリファイン前のHi-νガンダムに近い。
使用されているキットはHGUCであり、同キットを三つ使って背中のフィン・ファンネルを全て可動式の物に変えており、ハルの乗るビギニングガンダムを苦しめた。
また、所有者であるコウジ・マツモトの考えたオリジナルカラーリングが施されているが、実際にプラモを作ったのは彼のマネージャーである。
自身が作った訳ではない為、脚部のポリキャップがしっかりはまっていないという弱点に気付かず、そこを突かれて敗北した。
後にコウジが自ら組み立てたHi-νガンダムが登場したが、ハルのビギニング30ガンダムの前に撃墜された。
なお、Hi-νガンダムは今作にて映像作品初登場となっている。

Hi-νガンダムヴレイブ

ガンダムビルドファイターズの外伝作品ガンダムビルドファイターズAに登場するガンプラ。
詳細はHi-νガンダムヴレイブを参照。

ゲームにおけるHi-νガンダム

ガンダムバトルシリーズ

ガンダムバトルユニバースガンダムアサルトサヴァイブに登場。
オリジナルを含め4機参戦しているνガンダムのバリエーション機の中で別格の強さを持った機体であり、ゲーム全体でも最強クラスの性能を誇る。その強力な射撃武装は一歩も動かず射撃ボタンをポンポン適当に押すだけで大概のミッションはクリアできてしまうほど。
それだけに入手難易度も高く、どちらの作品でも数多の難関ミッションのクリアした後にEXボスとして登場する本機を撃破しなければならない。
・・・のだが、アクションゲーム初参戦の目玉機体であったためか、バトルユニバースの体験版では最初から使用可能だったりする。

機動戦士ガンダムEXTREME VS.シリーズ

最高コスト3000の機体として登場。アーケードゲーム作品でのHi-νの登場はこれが初である。ビームライフル、バズーカ、フィン・ファンネルとνガンダムに似通った性能を持つが、サイコフレームの共振という特殊攻撃を持ち、ファンネルの連射ができること、格闘のモーションが変更されている事、バースト発動中に一撃必殺の威力を持つハイパーメガバズーカランチャーが使用できる点がνガンダムと異なる。

PS3用の家庭用EXVSで購入特典として、Hi-νガンダムがDL出来るプロダクトコードがついていた。後にPSストアでDL出来るようになっている。その後アーケードの「EXTREME VS.」においてアーケードにも正式に登場した。
通常のνガンダムと差別化するためか、同じ「逆襲のシャア」でも参戦作品の枠が別になっている。
また、パイロットであるアムロのグラフィックも変わっている。νガンダムはパイロットスーツだが、
Hi-νガンダムは軍服になっている。
セリフにも小説に合わせた変更がなされている。
続編「FULL BOOST」でも登場。νガンダムと共に単発ダウン射撃「ビーム・ライフル【高出力】」を得た上、共振のデメリット(共振終了後にフィン・ファンネルの弾数が0になる)がなくなり強化された。

Gジェネレーションシリーズ

各シリーズともに高価だが、コストに見合った性能を誇る。
PS1版では「ZERO」「F」等に登場、デフォルメ化されてはいるが、小説版をもとにしたカラーリングで登場する。
PS1版の武器は4つまでしかないが、サーベル/ライフル/バズーカ/フィン・ファンネルと意外と豊富で、パイロットの能力とNTレベルが高ければ一線で十分に活躍できる。
PS2版Gジェネにも登場。「NEO」と「SEED」でもやはり小説版カラーで登場。武器が4種類以上(スペシャルアタック含む)になったことからさらに戦いの幅が広がった。
そして、Gジェネ「SPIRITS」では、先に販売されたプラモデル「MG(マスターグレード)」と同様のカラーデザイン等が変更されたものにリニューアルして再登場。SPIRITS時代の武器は、バズーカの代わりにビーム属性のメガランチャーを使えたが、次作「WARS」にてハイパー・バズーカに変更された。
PSP版Gジェネ「WORLD」および「OVERWORLD」でもHi-νガンダムは健在。武器はメガランチャーがMAP兵器として使用できる以外はWARSとさして変更はなく、高性能機であることに変わりはない。ちなみに、Hi-νガンダムはユニコーンガンダムに開発することができる。
なお、継戦能力は「パージ(任意による追加装甲の解除)」によるHP/EN完全回復がある分、νガンダムHWSの方が高いとされる。

スーパーロボット大戦シリーズ

シリーズ初登場はα外伝で隠しユニットとして。
性能はνガンダムの上位互換と言った感じ。入手してもνガンダムは手元に残るので
アムロ以外のキャラクターを乗せるのも悪くない。

関連タグ

CCA-MSV

pixivに投稿された作品 pixivで「Hi-νガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 333696

コメント