ピクシブ百科事典

JB・モレノ

じぇいびーもれの

「機動戦士ガンダム00」に登場する人物

概要

ソレスタルビーイング所属の医師。「JB・モレノ」はプトレマイオス乗艦時の名前で、00Pでは「ジョイス・モレノ」と名乗っている。
AEU出身のイアン・ヴァスティとは旧知の仲であり、以前は国境なき医師団に所属していた。ガンダムを偶然に目撃したことを機にイアンと共に組織にスカウトされる。プルトーネの事故を機に、GN粒子の特性などの研究を進めており、特定の高エネルギー条件では毒性を持つことを発見する。
その過程で、ヴェーダには医療や生物学について武装組織にしては不必要なほどの膨大なデータが蓄積されており、細胞異常を修復するナノマシンすら生み出せること、また組織にはグラーベ・ヴィオレントのようにまったく年をとらない、人ならざるものがいることなどから、イオリア・シュヘンベルグが、紛争根絶の先に人類の進化を目指していたことを推測していた。
その後、武力介入を本格化する際にプトレマイオスに医師として乗艦。OOの1stシーズン終盤、国連軍による総攻撃時、アルヴァトーレの砲撃によってプトレマイオスが被弾した際死亡した。TVシリーズでは存在感が薄かった。2ndシーズンでのラッセ・アイオンの擬似GN粒子の毒性による細胞異常は、GN粒子の特性について知識を持っていた彼が生きていれば、ある程度は抑えられたかもしれない。

外伝漫画では、プルトーネの悲劇(惨劇)により、テロメア破損をはじめ、様々な傷を負ったシャルの治療を行っている。そこで、高濃度のGN粒子の毒性を発見し、それを除去した。第3世代のガンダムが発するGN粒子に毒性がないのはこのため。

関連タグ

イアン・ヴァスティ ロックオン・ストラトス グラーベ・ヴィオレント

pixivに投稿された作品 pixivで「JB・モレノ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1309

コメント