ピクシブ百科事典

JOJO

じょじょ

JOJOとは、荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の事、もしくはその作品の登場人物のあだ名である。
目次[非表示]

概要

JOJO(ジョジョ)とは、『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズに登場するあだ名・愛称。
特にジョースター家の血を引く人物がそのあだ名で呼ばれる事が多い。
※ 作品としてのJOJOに関してはこちらを参照。→ジョジョの奇妙な冒険
※一族としてのJOJOはこちらを参照。→ジョースター家

ちなみに、元ネタはビートルズの楽曲「Get Back」の“Jojo was a man who thought he was a loner …”という一節だと言われている。

第1部『ファントムブラッド

ジョナサン・ジョースター…第1部のジョジョ。すべてはここから始まった。

第2部『戦闘潮流

ジョセフ・ジョースター…第2部のジョジョ。ジョナサンの孫。

第3部『スターダストクルセイダース

空条承太郎…第3部のジョジョ。ジョセフの孫。「くうじょじょうたろう」。

第4部『ダイヤモンドは砕けない

東方仗助…第4部のジョジョ。ジョセフの隠し子。助を「じょ」と読めば、名前が「仗助→じょじょ」となる。

第5部『黄金の風

ジョルノ・ジョバァーナ…第5部のジョジョ。DIOディオ)の息子。本名は汐華初流乃(しおばな はるの)。

第6部『ストーンオーシャン

空条徐倫…第6部のジョジョ。承太郎の娘。「くうじょジョリーン」。

第7部『スティール・ボール・ラン

ジョニィ・ジョースター…第7部のジョジョ。本名 ジョナサン・ジョースター。ジャイロと共にダブル主人公。

第8部『ジョジョリオン

東方定助…第8部のジョジョ。歴代のジョジョ達と異なり謎が多い。

追記

3部ではジョセフ、承太郎とJOJOが同時に二人も登場しており、序盤は承太郎がJOJOと呼ばれていたが、紛らわしくなるためか、最終的にみんな承太郎と呼ぶようになり、JOJOというニックネームは自然消滅した。

4部の仗助に関しては、登場時に仗助にカラんできた不良が「ジョジョ」と呼んだきりで、それ以降は誰からも呼ばれていない。

5部のジョルノ(Giorno Giovanna)の場合「ジョジョ」だが「JOJO」ではなく、イタリア語で「ジョ」の発音になる綴りにする都合から「GIOGIO」になった(単行本カバーにちりばめられる文字も五部の始まる第47巻からは「GIOGIO」に)。さらに言うとジョルノは作中で一度も「ジョジョ」と呼ばれなかった(恥知らずのパープルヘイズでは「ボス」の呼び方がイメージが悪いためジョジョと名乗っている)。

8部の定助の名前は、本人が記憶喪失のために付けられた仮の名前で、本名は今のところ不明。首筋にはジョースター家の血統の証である星型のアザがある。

余談

第1部のジョナサンの父であるジョージ・ジョースター、及び息子であるジョージ・ジョースター二世も「ジョジョ」と呼びうるため、少年期などにはそう呼ばれていた可能性もある。
※JORGE JOESTARはジョージ二世と、別のジョージ(名探偵ジョジョ)の物語

第4部でジョセフが引き取ることになった「アクトン・ベイビー」のスタンドを使う透明な赤ん坊は静(しずか)・ジョースターと名付けられたが、「静」は「じょう」とも読めるため、彼女もジョジョ候補の一人であると言える。

一巡後の世界と言われる第7部のジョニィの場合、息子がジョージ三世であったりする等の差異がある。


関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 ジョースター家
ジョジョ
あだ名愛称

他の記事言語

pixivに投稿された作品 pixivで「JOJO」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18968932

コメント