ピクシブ百科事典

K'

けいだっしゅ

SNKの対戦型格闘ゲーム『THE KING OF FIGHTERS』シリーズのキャラクター。前作まで主人公である草薙京に代わり、『'99』から『2001』の【ネスツ編】にて主人公を務めた。秘密組織ネスツによって【草薙の炎】を移植された強化人間の少年。構成員としてネスツに所属していたが、相棒のマキシマとともに離反。反ネスツ組織を結成し、打倒ネスツを掲げて戦う。
目次[非表示]

「俺一人で十分だ」

概要

格闘スタイル暴力
誕生日不明
年齢16〜18歳
出身地不明
血液型不明
趣味無し
大切なもの無し
好きな食べ物ビーフジャーキー
嫌いなものKOF、甘いもの
得意スポーツなし(運動は苦手)
身長183cm
体重65kg
CV松田佑貴(KOF99~XIII) 川原慶久(KOFXIV)


 『KOF'99』から『〜2001』のネスツ編における主人公
 裏社会で暗躍する秘密組織ネスツ(NESTS)によって拉致され、身体強化手術と草薙京の細胞を移植されて炎を操る能力を与えられた少年。まれに勘違いされるが、京のクローンというわけではない。経歴に不確定な部分が多いのは、拉致された際に記憶を操作されて過去の記憶を失ったため。
 そのため本名は不明であり、呼び名のK'は『草薙京(K)の模倣(')』を意味するコードネームである。

 『'99』時点ではネスツの構成員としてKOFに選手として潜入し、草薙京の再捕獲を目的としていたが、上司であるクリザリッドに最終データのために命を捧げろと命じられたため、特に忠誠心もなかったことからこれに反抗し、返り討ちにして組織から脱走する。
 以後、相棒であるマキシマとともに反ネスツのゲリラとして行動を開始する。

 マキシマとはネスツ時代からの良き相棒で、奔放で無鉄砲なK'を抑制する保護者であり、同じ境遇から彼の心情を汲みとってくれる良き理解者でもある。クーラ・ダイアモンドとは兄妹のような間柄であり、『〜2000』で登場した際には自身を抹殺しに来たかと警戒したものの、ウィップの暗躍もあって現在は和解し、K'たちと行動を共にしている。

 KOF嫌いを公言しているが、ネスツ壊滅後も食いぶちを繋ぐためにハイデルンの依頼などを受け、渋々KOFに参戦している模様。

容姿・性格

 褐色の肌に白髪、特徴的なのが右手に装着している特殊素材で出来た真っ赤なグローブで、これは草薙の炎を制御するためのリミッターであり、『'99』のエンディングではこれが壊れて炎が右手から出っぱなしになってしまっていた。
 ほかにも、立ち襟シングルライダースの黒ジャケットを、黒のパンツに黒のチャップスを重ね黒のエンジニアブーツを履いている。そして炎を使わない左手には黒の鋲打ち指出しグローブと、全身どこまでも黒尽くめ。ジャケットの背中には【A BEAST OF PREY】(肉食獣)のロゴが入っている。
 サングラスが気に入ってるらしく、戦闘時以外はほぼかけっぱなし。
XIIIでは戦闘時でもかけっぱなし。

 性格は一言でいえばかなりのぶっきらぼう。必要以上に他人と慣れ合うことを嫌う一匹狼のような言動が目立ち、「ウザい」や「面倒」などが口癖になっている(そこ、ラノベっぽいとか言わない)。しかし、本質的には極端に内向的でコミュニケーションの取り方が不器用なだけであり(要するにコミュ障)、『MI2』でマキシマが体に異常をきたした際にはその解決に乗り出すなど、仲間思いな熱い部分も見せている。早い話がただのツンデレである。

しかし、パチスロ版では一転して「萌え~ッ!」などと叫ぶ、相棒とビーチではしゃぐ、小説版ではクーラといちゃついてるなど思いっきりぶっ壊れてしまっている

能力

草薙の炎(移植)


KOF13に出ると聞いて【KOF】


 ネスツによって草薙京の完全な『草薙の炎』を発生させることができる人間になった。
 炎の色は京と同じく赤い炎だが、炸裂した瞬間に真っ黒な煙を噴き上げるため、完璧に操れるわけではなく、発生させられるだけである。
 格闘スタイルが暴力とあることから、炎の扱い方も力任せにぶん回している感が強い。格闘技術についてはネスツ時代に仕込まれたものと考えられる。

性能

 派生技を多数所持する変則型波動昇龍タイプ。主人公だからね、仕方ないね
 通常技は全体的にモーションが大きかったり発生が遅いのだが、必殺技は生命線であるアイントリガーを始めとして、攻撃の発生や判定の優秀な使いやすい技が多い。
 特に超必殺技の『チェーンドライブ』は投げたサングラスで飛び道具をかき消してから突撃するという安心設計。(実際は安心設計というわけでもないのだが)このサングラス、シリーズによっては覇王翔吼拳すらかき消す万能ぶりを発揮する。ただし別のシリーズでは虎煌拳一発で砕け散るなどけっこう極端。
 その一方、移動技のくせに無敵時間が存在しない『ブラックアウト』など、使いどころに困る技もある。
 シリーズを通して攻撃的に設計されることが多く、初登場の『'99』こそ弱キャラだったものの、以後は中堅以上、場合によっては最強クラスに食い込む強さを見せてくれる。


その他

クリザリッドとの関係(※ネタバレ注意)

 K'とクリザリッドの両者は、部下と上司という関係と同時に『オリジナルとクローン』の関係にある。
 K'がオリジナルであり、クリザリッドがK'のクローン体である。
 ただ、クリザリッド自身はK'の失った記憶を移植されており、記憶の無いK'を自身のクローンだと思い込んでいる。元々クリザリッド自身がクローンたちを見下す傾向にあったが、特にK'についてはそれが顕著であり、K'もこのことについてはかなり気に障っていたようである。
 その関係性から、多くのファンから自然とライバル関係と見られる向きが強い。
 だが後に、クリザリッドを構成する要素は、「アンチK'アーツ」、妹分的な存在の美少女というこれ以上ないほどおいしい新キャラ、クーラ・ダイアモンドに掻っ攫っていかれるのである。詳しくは当該記事にて

甘いもの嫌い

 甘いもの嫌いなのは相棒が極端な甘党なため。
 横目で見ていて胸やけを起こしそうなほどに甘いものを食べている様子を見続けた結果、自然と嫌になったらしい。そのせいか、クーラからペロペロキャンディーを指し向けられて煙たがったりしている。
 その一方で、未成年にもかかわらず煙草を平然と飲んでいるなどの描写もある(現在の日本の法律上での話だが)。

Kシリーズ

 ネスツにおいて『草薙の炎』の移植に成功した数少ない成功例であり、彼をモデルに多くのクローンや改造人間が量産されることとなった。その最たるものがKシリーズと呼ばれるK'と同様に草薙の炎やオロチの因子を植え付けられた者たちで、彼らはK'やクリザリッドと同様に拉致されて兵士という名の実験体としての生活を強要されたり、クローンとして生み出されたりと、人の在り方から引き離された存在である。
 ネスツ壊滅後、彼らの行方については明言されておらず、脱走したともハイデルンによって匿われたとも言われている。

 そのほかにも、彼に関して語られることは多いはずなのだが、何故かうやむやのまま主人公を交代することになった。
 結局、理由はラスボスが厨二病だったから、ということで片付けられてしまうのだろうか。

小ネタ

 『'99』稼動当初は、その見た目から「ガングロオロチ」などと呼ばれていた。

関連イラスト

K'
K'(サングラス有り)
2002UM



関連タグ

SNK KOF
主人公
褐色 白髪 サングラス
マキシマ クーラ・ダイアモンド ウィップ
クリザリッド Kシリーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「K'」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1994291

コメント