ピクシブ百科事典

Klarissa

くらりっさ

人魚の魔女の手下。その役割はバックダンサー。 魔女の後ろで陽気に踊り続けるだけの存在。(公式サイトより)
目次[非表示]

Klarissaとは、『魔法少女まどか☆マギカ』第10話に登場するキャラクター。
魔女Oktavia_von_Seckendorff」の使い魔である。


下にネタバレ



















概要

人魚の魔女
残念☆さやかちゃんでしたー!


暁美ほむらが魔法少女の皆にグリーフシードの真実を伝えたが、信じてもらえなかった時間軸に登場。
美樹さやかがこの時間軸でも魔女となり、Oktavia_von_Seckendorffとなったのだが…演奏者のHolgerではなく、バックダンサーのKlarissaが使い魔となった。
Holgerの演奏を聴くことが九話のOktavia_von_Seckendorffの全ての動機であったのに対し、KlarissaはOktavia_von_Seckendorffの攻撃の巻き添えでつぶされるなどあまり大切に扱われているようには見えない。
叛逆の物語ではBartelsと共にHolgerの楽団に加わり踊っている。

容姿

残念☆さやかちゃんでしたー!


見滝原中学校の制服に似た衣裳を着た少女のような姿をしている。
赤またはオレンジの肌にやぶにらみの目を持っており、この目は第9話に登場したOktavia_von_Seckendorffの中身が持っていたものに似ている。

Klarissaの容姿が志筑仁美に酷似していることがファンから指摘されており、公式ガイドブックでもKlarissaの解説で指摘されている。
しかし、劇団イヌカレーによる設定画では「さやかと正反対の見た目」としか書かれておらず、仁美との関連性は書かれていない。また、ラフ画の段階ではウェービーヘアではあるものの仁美に似てはいない。したがって、仁美に似ているのは偶然である可能性もある。

このときのOktaviaまどか文字で「look at me」の舞台の上で踊り、Klarissaは彼女の周りで踊っている。この点から考察するに「仁美なんてバックダンサー、脇役じゃなくて主役である私を見て」というさやかの上条に対する想いが反映されているのではないかと思われる。

Pixivでの扱い

前述のとおり、志筑仁美をKlarissaに置き換えたネタが後を絶たない。
また、劇中での扱いから、さやかが恭介を取られた憂さ晴らしをしているネタもかなりの数存在する。

関連タグ

魔法少女まどか☆マギカ 魔女(魔法少女まどか☆マギカ)
Oktavia_von_Seckendorff
美樹さやか 上条恭介
Holger 志筑仁美

パンジャンドラム

pixivに投稿された作品 pixivで「Klarissa」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 133273

コメント