ピクシブ百科事典

MP7A1

えむぴーせぶんえーわん

MP7A1とはドイツのH&K社が開発したPDWである。
目次[非表示]

概要

ドイツH&K社が開発したPDW。
UZIに似た外見を持つが新規格の弾丸を用い、狭い場所での取り回しとボディアーマーに対する殺傷力を重視したPDW。もともとP90に対抗心を燃やしまくった開発陣がPDW(個人防衛火器)と名付けたが、その後PDWが武器カテゴリーとして定着したためドイツ軍によってMP7A1という名が与えられた。
イギリス向けにシングルファイアモデルが存在している。

性能

新規格の弾丸である4.6mm×30弾を使用しボディアーマーを着た敵に対しそのアーマーを貫通し相手に損傷を与える事ができる。
200メートル先からであれば拳銃弾に対し効果を発揮するヘルメットを貫通する事が可能。
また反動は9mm×19弾よりも小さくサイレンサーを装備した際の音はMP5よりも小さい。
開発元はP90の用いる弾丸より威力が大きいとしているものの真偽は定かでない(第一銃弾の威力は初速や口径などの数値だけでは推測しきれないため)。
弾頭はG11PDWで使われたケースレス弾の発展型。

基本データ

全長340/540mm
銃身長180mm
重量1800g
口径4.6mm×30
装弾数20/40発


開発経緯

一昔前では入手が容易ではなかったボディアーマーがある程度一般的に手に入れる事が可能になり、既存の拳銃弾を使用した小火器では対処が難しい状況が想定される様になった。
それに対しFN社が作り出したP90に対抗して制作されたのが本銃である。
対防弾としてのコンセプトは同じであるがP90とは趣向が真逆であり従来のデザインを踏襲している。

評価

P90は元々の開発コンセプトが違う事もあり、操作手順が従来のライフルやサブマシンガンと善くも悪くも一線を画しており、新参はいざ知らず今までの火器に慣れた兵士や隊員にとっては訓練のし直しが面倒であった。
しかし、MP7A1はUZIやMAC10など既存のSMGと似た外見を持ち、操作も従来の小火器と同様に操作する事ができ、加えて弾丸を装填した状態でも2kg未満と非常に軽量である為に携帯が用意で頻繁に移動を繰り返す兵士にとっては便利である。


登場作品

メダルオブオナー
主人公の一人が使用。こちらはロングマガジンとホロサイトを装備している。

レインボーシックスべガス1・2
サイレンサーや光学サイトを使用可能。

ステルス
緊急脱出時に持ち出す自衛火器としてタロンに搭載されていた。

関連イラスト

H&K  MP7A1
出来たてほやほやですその9\(=ω=.)/



関連タグ

サブマシンガン 個人防衛火器 P90 KAC PDW

pixivに投稿された作品 pixivで「MP7A1」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 116944

コメント