ピクシブ百科事典

Minimi

みにみ

可愛い名前してやってることはえげつない。無骨なデザインのクセして意外と小さい。マシンガンと呼ばれる銃の中では素晴らしく有名な子。
目次[非表示]

以下Wikipediaより抜粋

ミニミ軽機関銃(みにみけいきかんじゅう / MINIMI / Mini Mitrailleuse)とは、ベルギーの銃器メイカーであるFN社が開発した、5.56mm NATO弾を使用する分隊支援火器である。
日本アメリカでは、分隊単位に配備され、火力支援に使用される。MINIMIとはフランス語で「ミニ・ミトラィユーズ Mini-mitrailleuse(小型機関銃)」の意味。

給弾方式はベルトリンク送弾の他に緊急時にはM16等のSTANAGマガジンを装着して発射を持続できる。
冷却は空冷式で、バイポッドは銃側に付いている事から銃身交換も容易である。
上部のフィードトレイに一般的なベルト式装填を行うが、単独使用の際には機関部下に200発のベルトリンクを収納したプラスチック製のM27弾倉か100発のベルトリンクを収納した袋型弾倉を装着する事が多い。
三脚架などに固定した場合、マウントによっては下部にベルトリンク用弾倉の装着が出来ないため、横に弾倉を置いて給弾を行う。

折り畳みと伸縮が可能な二脚(バイポッド)が標準装備されており、簡単に携行できる分隊支援火器SAW = Squad Automatic Weapon)として使用されるほか、車載機銃として回転式銃座(ターレット)に搭載、アメリカ陸軍陸上自衛隊では三脚(トライポッド)を付けて使用することもある。
ソマリアイラクにおける各種作戦でも多用され、信頼度と射撃性能について優れた評価を受けている。

バリエーション

:Standard - 一般型。
:Para - 空挺部隊向きに短銃身、伸縮型ストックを採用し全長が縮ねられる。
:M249E4 - 改修型。三脚装着用金具・バイポッドが無いだけでなくSTANAGマガジンの使用が出来ない。
:Mk46 Mod1 - E4とほぼ同仕様だが、RISの追加やストックの変更がされている。
:MK48 Mod0 - 7.62mmNATO弾モデル。
:M249S - FNHUSAが販売する民間向けシングルファイアモデル。

採用国

:ベルギー - 製造国なのでもちろん採用している。
:アメリカ - 1985年からM249として採用している。
:イギリス - 一般型をL108A1として、ParaをL110A1として採用している。
:カナダ - 一般型をC9として採用している。
:オーストラリア - タレスオーストラリアで生産したものを一般型をF89として採用している。
:日本 - 自衛隊が住友重工がライセンス生産したものを5.56mm機関銃MINIMIとして採用している。
そのほかのNATO圏の国などが採用しており、製造国や要求される使用により細部の形状が異なるものもある。

関連イラスト

マスパMINIMI
FN-MINIMI



関連タグ

マシンガン 軽機関銃 分隊支援火器

pixivに投稿された作品 pixivで「Minimi」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 441507

コメント