ピクシブ百科事典

NNN臨時放送

えぬえぬえぬりんじほうそう

NNN臨時放送とは、ネット上の都市伝説の一種。
目次[非表示]

概要

昔、ネットで話題になった「国営放送の放送終了後に謎の映像が流れる」という都市伝説の1つである。
本当にこれが放送された訳ではなく、実際に放送時刻が過ぎてから航空機か何かのNNN臨時放送はあった、とも言われている。

深夜、放送終了後にカラーテロップが突然消え、暗いクラシックの音とともに人の名がスタッフロールのように流れる。元の番組の名前は「明日の犠牲者」。それは読んで字のごとく、明日犠牲になってしまう人の名前を挙げるというものである。
ニコニコ動画youtubeで動画を検索すると、ゴミ処理場や寂れた工場の風景と不気味な音楽をバックに、様々な人の名前が画面下から上へ流れてゆき、最後に「明日の犠牲者はこの方です。おやすみなさい」といった文章が表示された後、顔面蒼白の顔が出てくる動画が多い。因みに、その顔の正式名称は「jeff_the_killer」。動画にはパターンがいくつかあるが、最後に顔が現れるビックリ系が多いので苦手な人は注意。
もちろんこれらネット上に存在する動画は創作であり、流れる人名に注目すると存在しない企業の名があったり、ふざけているとしか思えない名前や、とんでもない年齢の人がいたりする。

内容

「15年くらい前夜中の2時30分頃テレビをつけたらカラーバーが映っていて(あたりまえですが)ああ、やっぱりこの時間は放送やってないな、寝ようとふと思ったその時急に画面が切り替わってゴミ処理場が映し出されました。そしてテロップにNNN臨時放送と出てひたすら処理場を遠景で映し続けるのです。なんなのだろうと思って様子をうかがっていると人の名前がスタッフロールのようにせり上がってきてナレーター?が抑揚のない声でそれを読み上げていきました。バックには暗い感じのクラシックが流れだいたいそれが5分くらい続いたでしょうか、最後に「明日の犠牲者はこの方々です、おやすみなさい。」と。
それ以来深夜放送が怖くてたまりません。周りは誰もこの話を信じてくれないし…」

「内職を夜中までやっていてTVをつけたまま寝てしまいふと起きると画面は放送終了の砂嵐。こんな時間だし本格的に床につこう思い片付けをしていた時プツっと砂嵐の音が途切れ無音状態になった。とりあえずTVを消そうと画面に目をやるとそこには緑の顔の男が写っていた。静止画のようにも人間がそこに居るようにも見える顔。一瞬何が起きているのかわからず見続けていると突然、緑の男の目視線をこちらに向けた。当然恐怖にかられ、すぐに電源を落とし震えながら寝た。(当時リモコンなし)
同じようなことがもう一度あり、今度は砂嵐なのだが目と口の位置がアリ地獄のように窪み何かわからない言葉を話しているように聞こえた。
未だにTVの放送終了が苦手。約20年前の放送終了後の話。あれは一体何だったのだろうか。」

推測

まずNNNは国営ではない。国営に近い性格を持つのはNHKである(独立採算制だが予算は国会での承認が必要)。NNNは日本テレビ放送網をキーステーションとする民放テレビ局のニュースネットワークである。

体験者自身の記憶の混同によるものや、夢体験を長い期間を経て実体験と勘違いしてしまっていたなどの原因があったのではないかと推測される。

その元体験をさらに推測すると、まず『淡々と読み上げられる“犠牲者”の名前』これは『明日の犠牲者』ではないが、実際にあった。1985年の日航123便墜落事故である。この時、遺体から身元を判別することが困難な為、搭乗者名簿から安否確認を呼びかけるためにその読み上げが行われたのである。特に、民放では一般の放送が終わった(当時は24時間放送ではない)後の時間帯を使って行われた為、深夜に目にする機会は多かったと思われる。
特に航空機事故の場合はカタカナ表記で行方不明者の名前をテロップとして流す場合もあるのでカタカナ表記の羅列がどこか不気味な印象を与えたのも一因ともいえる。

クラシックの音楽であるが、NHKが終夜放送(台風情報等)においてイージーリスニング系の曲を流すのは実際にある。

またとちぎテレビでは平日深夜におくやみという番組があり、上記とほぼ同様の番組が日常的に行われている。

また放送終了のクロージングコールサインでは上記に似た映像が流れていたテレビ局もある。


関連タグ

都市伝説 明日の犠牲者 テレビ 砂嵐 カラーバー コールサイン
こっち見んな トラウマ なにこれこわい 孤独ノ隠レンボ

pixivに投稿された作品 pixivで「NNN臨時放送」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55681

コメント