ピクシブ百科事典

PDW

ぴーでぃーだぶりゅー

PDWは、「Personal Defense Weapon」の略、または「Pokemon Dream World」の略。
目次[非表示]
  1. の一カテゴリー。サブマシンガンとよく似ているが、貫通力の高い専用の弾丸を用いるのが特徴。PDWはPersonal Defense Weapon(パーソナルディフェンスウェポン)の略称。日本語では「個人防衛兵器」などと訳される。→個人防衛火器
  2. ポケモンのネットサービス。本稿で解説。


概要

ポケモンBWと連動しているウェブサイトPGL(ポケモン・グローバル・リンク)のサービスの一種。
PDWはPokemon Dream World(ポケモン・ドリーム・ワールド)の略称で、ゲーム内ではマコモが開発した事となっている。
(ゲームの設定上は)エネルギーを膨大に使用する事から一日に一回しかアクセスが出来ず、次にアクセスできるのは前回初めてアクセスした時間からおよそ24時間後となる。

本来ならBWの発売と同時期(2010年9月18日)に解禁されるはずだったのだが、サービス開始早々アクセスが殺到し、サーバーが落ちるというハプニングに陥る。

その結果PDWのサービスは一時停止され、混雑を避けるために1本のロムにつき1日1時間の制限を設ける形で同年10月13日に再びサービスを開始した。

その後、海外のBWの発売に合わせて世界対応のバージョンに変更するために一時停止され、
4月13日にて一部の追加アイテム(主に廃人が嬉しがる)を入れてめでたく再開された。

最初はランダムに半減の実が5個与えられ、家具も何もない普通の家(赤い屋根の家)からスタートする。

夢ポイント

一定の条件を満たす事で得られるポイントで、貯まれば貯まる程やれる事が増えてくる。
夢ポイントを増やすには

  • ゆめしまのゲームで高得点を取る
  • ゆめともの畑に水をやる
など。

そして、夢ポイントが貯まる事で起こる変化は以下の通り。
必要ポイント変化
900(1800)畑の畝が3段になる
2100(4200)畑の畝が4段になる
2500(5000)ゆめしまで「ひらけたそら」が解禁
5000(10000)ゆめしまで「かがやくうみ」が解禁
7500(15000)「ちいさなもり」「ひらけたそら」「かがやくうみ」で出るポケモンとアイテムが増える
10000(20000)「ちいさなもり」「かがやくうみ」で出るポケモンとアイテムが増える
※()内の数値はPDWサービス開始当時の必要ポイント。同年12月21日以降全て半分になった。

PDWで出来る事

木の実を育てる

BWには木の実を植える畝がなく、PDW内の畑で木の実を育てる事となる。
プレイヤーが出来るのは木の実を植え、ジョウロで水を与える事くらい。
育つ速度は木の実の種類によって異なってくる。
また、一定の夢ポイントに達するとディグダが畝を耕してくれる(最大4列、きのみ12個分)。
ちなみにクリックしすぎて別の畝に飛んだり、木の実を一個植えるごとに「○○のみを植えました。」とわざわざ確認ウインドウが表示されたりするので水やりの操作性はかなり悪い。

他の木の実はゆめしまを進む事で入手する事が可能で、ゆめしまのどのエリアに行くかによって手に入る木の実も異なってくる。
増やした木の実はゲームに送る事も出来れば、家具と交換する事も可能。
ちなみにシッポウシティで条件を満たせばカタログ内にデザイナー家具も登場する。
ウッディーな家モダンな家はプレイヤー達にとって一種の目標となっており、このために夢ポイントや木の実を増やしまくったり、ゆめともの島にお邪魔したりしている者も多いだろう。
しかし、一度目標を達成してしまうと燃え尽き症候群に陥り、一気に木の実をただ育てるだけのヌルゲーと化してしまいがち。

ゆめともの島に遊びに行く・おすそわけをする

リアルにフレンドコードを交換した者(通称「ゆめとも」)同士で使用可能な機能。
周りにポケモンをやってる人がいない大きいお友達にはあんまり縁のない仕様。
おすそわけだなにアイテムを置けば、ゆめともの誰かがなかなかいい物と交換してくれるかもしれない・・・
また、ゆめともの島には遊びに行く事が出来、ゆめともの畑に水をやる事も可能。
前述通りゆめともの畑に水をやると夢ポイントが結構もらえるため、この為だけにゆめともの島に遊びに行くプレイヤーも多い。
自分の島にゆめともが遊びに来た場合、家の前のマットにゆめともが寝かせたポケモンの足跡がつく。

ゆめしまに行く

一日に1~4回行く事が可能な島で様々なポケモンやアイテムが登場する。
一定回数を越えると無人島化(何も出てこなくなる)する。翌日になってもポケモンを起こさない限り全く出てこないので、この点も不便。

ポケモンが出てきた時はミニゲームをする事となり、出来るのは初期時点では「アイス積み」「ペリッパーの飛行レース」「迷子探し」「ホエルオーと遊ぼう」の四種。
ノルマをクリアすればそのポケモンと仲良くなれ、さらに高得点を取ると夢ポイントが多くもらえるのに加えDPt時代の技マシンや教え技で習得できるレア技を覚えている場合がある。
しかし他はともかく「ホエルオーと遊ぼう」に関しては完全に運ゲーでユーザーからもかなり不評。

仲良くなったポケモンはゆめのきで木の実1個と引き換えに1匹だけお持ち帰り出来る。
さらにここで出会えるポケモンは通常のポケモンとは別の隠れ特性(夢特性)を持っている
当然のことながらプレイヤー達がPDWをする最大の目的はこれ。
どんなポケモンに出会えるかは完全にランダムで、目的のポケモンを手にするにはリアルラックが何より必要となる。
また、隠れ特性を持っていない例外ないに等しい隠れ特性持ちも出てくる事に注意。
ちなみに隠れ特性は♀しか遺伝しない仕様のため、隠れ特性前提で厳選をするには♀を仲間にする必要がある。
だが、その肝心の♀は故意に出現率を操作したとしか思えない程ほとんど出てこない仕様となっている。

強力な特性を持ったポケモンの♀が複数匹出会えた場合、誰をお持ち帰りするかは慎重に考えよう。
また、ロムにお持ち帰りポケを送ってないと次回アクセス時にゆめしまに行けないのも注意。

ゆめしまは行き先が増えても選ぶ事は出来ない。要は完全ランダムで、根性コリンクが欲しいのに小さな森が全く出てこない、なんてことも。無論、場所の厳選もすれば前述のとおりポケモンも全くいなくなる。
当たり外れが大きかったので、これにはいい加減行き先くらい選ばせろと批判するプレイヤーも多い。
株ポケ側も意地でも変えたくないのか、サービス開始から約半年経った今も改善されていない。
特に上記の夢ポイントに応じたリストを見てもらえば分かるが、10000ポイント達成時に「ひらけたそら」には唯一何も追加されない為、ここまで貯めるにあたってすでにここでの目ぼしいポケモンは既に仲間にしてるであろうプレイヤーにとっては大ハズレ扱いだった。
現在再開したPDWでは今作では入手が非常に困難だった「努力値を下げるきのみ」が「ひらけたそら」のみで入手可能となったため、大ハズレ扱いの汚名は返上された。

PDWの今

そんなPDWだが、今はサービスは終了している

末期のPDWは、畑の畝は最大10列まで増え、貴重なきのみの大量生産が容易になっていた。
ゆめともマップにおいても、ゆめともでないどこかの誰かのホームに行く事も可能で、そこからゆめともを増やすのも容易に。
さらに、ゆめしまで行けるエリアも増え、それに伴ってミニゲームの種類も10種類近くあった。
相変わらずどこに行くかは選べないが、ポケモンのタイプによって行きやすい場所の傾向がある事が分かっていた(これは以前からそうだったが)。
さらに、これまで出なかったイッシュ地方のポケモン達とも出会えるようにもなっている。

根本的な不便は残りつつも、PDWを利用する価値は以前より大きかったが、第6世代にその役目は移されているのは変わりないのであった。

関連タグ

物欲センサー 運ゲー ポケモン廃人

関連リンク

ポケモングローバルリンク(音が出ます)

pixivに投稿された作品 pixivで「PDW」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 167423

コメント