ピクシブ百科事典

Painter Essentials

ぺいんたーえっせんしゃるず

Painter Essentialsとは、Corel社が発売している初心者向けイラスト作成ソフトウェアである。最新バージョンは4
目次[非表示]

特徴

漫画・CGイラスト系から水彩、油絵など色々描くのに便利な95種類のブラシを搭載している。

本家Painterに比べ、操作画面がより初心者向けになっており、初心者でも扱いやすくなっている。レイヤーなどが簡素化されていたりするので、そんな時はGimpPaintShopProで調整するとよいでしょう。(細かい機能の違いは公式や@Wikiを参照してください。)

パッケージの値段が安く、アカデミック版なら最安値が4700円前後となっている。また、以下のWacom製ペンタブレットにはおまけでついてくるので買わなくて良い。(アップデータが違うため、筆の種類がパッケージより5種類少ない以外はほぼ同じ)


せっかく同梱されてるのに存在に気づかなかったり、Photoshop Elementsだけフォーカスされて使う気がない人が多すぎる様子。とても勿体無い!!

テクニック(知っておくと便利なこと)

  • SAIのようなブラシを書きたいのなら「スクラッチボード」を使用しましょう。
  • ブラシトラッキングをすると、使用者の筆圧・スピードをPainterが覚えてくれて書き味が格段に良くなります。
  • 新規レイヤーを作成し、消しゴムで少しレイヤーに触れると、レイヤーがピンク色(フィルターモード)になります。これは乗算のような着色ができるので便利。
  • 影塗りが得意じゃない人は、覆い焼きツールなどを使うと少し楽です。
  • 指先ツールよりもなめらかな混ぜができる「色伸ばし」筆は便利です。
  • 色塗りの際、レイヤー別に髪の毛や服などパーツごとに塗り分けておくと選択範囲を作りやすくなるので、すき放題、着色してた上で選択範囲でくりぬけばマスクみたいな作業もできます。(このソフトに限ったことではないですが;グループ化すると便利。)
  • 起動時出てくるWelcom画面から動画チュートリアル(約1時間)が見れます。
  • 最大化した場合に強制終了するなどの不具合が起きた場合は、Shiftボタンを押しながら起動して初期化しましょう。
  • Windows7やMac OS X 10.6など最新バージョンの場合はアップデータが必要な場合があります。公式サイトPainter@Wikiをチェックしてみましょう。



関連項目

Painter Bamboo Intuos

コメント