ピクシブ百科事典

RPGツクールSUPERDANTE

あーるぴーじーつくーるすーぱーだんて

RPGツクールSUPERDANTEとは、スーパーファミコン用ソフトとして発売された RPG作成ソフトである。
目次[非表示]

概要

1995年にアスキー(現:エンターブレイン)から発売されたスーパーファミコンRPG作成ソフトで、
制作は空想科学。
家庭用ゲーム機対応のツクールシリーズとしては最初期の物である事と、
ハードの仕様やソフトの容量、メーカーのプログラムの関係で現在のツクールシリーズに比べると
不便な点が数多く、同時期に発売されたシューティングゲーム作成ソフト
描いて・作って・遊べる デザエモン」の比較対照として槍玉に挙げられる事も多かった。

様々な制約

    素材はあらかじめ用意された物から選ぶ事になる。

    同じ消費アイテムを1つに纏める事ができず、受け渡しも1つづつと激しく面倒。
  • 初期装備が設定不可能。
  • 蘇生する魔法やアイテムが作れない為、戦闘中の復活方法が無い。
  • 戦闘BGMがザコ敵とボス敵で使い分けが出来ない。
  • 魔法を習得するLV設定が1~99にしか出来ない為、
    最終的には必ず10個の魔法を習得しなくては成らず、
    其れ以前に習得した物は古い順から消えていく。
  • 乗り物を降りた場所に因っては、ワープ魔法を使って移動した場合に、
    二度と乗り物に乗れなくなってしまう等の致命的な欠陥。
  • 何より、制作出来る容量が圧倒的に少なく、
    メッセージは一文字毎に容量を使う為、
    会話シーンに力を入れると超短編に成りがち。

…等々、様々な不満点が在ったが、当時はPCの普及率が現在の様に多く無く、
コンシューマー機でRPGを自分で製作可能な夢のソフトで在った事に変わりはない為か、
売り上げは意外と多い様子。

しかし、このソフトが発売されなければ、間違いなくRPGツクール2等の続編が作られる事は無く、
現在の様な後のツクールシリーズの発展は無かったのは明らかで、このソフトの存在自体は
大きな貢献をしたと言える。

また、グラフィックやBGM等は、一部のファンの間では未だに根強い人気を誇っている。
因みにサンプルゲーム「Fate」(某聖杯戦争にあらず)は、
PC版「RPGツクールDante98」に収録された同名のサンプルゲームが原作である。

関連タグ

ツクール RPGツクール RPGツクール2 ドット絵
スーパーファミコン

pixivに投稿された作品 pixivで「RPGツクールSUPERDANTE」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2493

コメント