ピクシブ百科事典

RWBY

るびー

アメリカのプロダクションスタジオ《Rooster Teeth Productions》が送る長編3DCGアニメーションシリーズ。及び、本作に登場するチーム名。
目次[非表示]

作品解説

アメリカのプロダクションスタジオ『Rooster Teeth Productions』が企画した3DCGアニメーションシリーズ。同スタジオにとっても初となる完全オリジナル作品。
タイトルの『RWBY』はそれぞれ「Red」「White」「Black」「Yellow」の4色の頭文字を表し、またメインキャラクター4人の名前「Ruby」「Weiss」「Blake」「Yang」の頭文字でもある(タイトルロゴはフォントの関係上「RWBУ」と読めるが、あくまで「RWBY」が正式な表記)。

日本の漫画やアニメ、ゲームなどから影響を受けたスタイリッシュなキャラクターデザインと、個性的な武器や特殊能力をフル活用したケレン味あふれる戦闘シーンが融合したバトルアクション活劇。特に最初に発表された映像作品である「Red」トレイラー(外部リンク)でのスピーディーなアクションは多くの視聴者の度肝を抜いた。
アクション以外にも、いくつかの謎を含みつつ王道の展開を進むストーリー、キャラクターの細かい仕草、アメリカの作品らしい顔芸レベルの表情変化や体を張ったギャグなど、見所は非常に多い。物語を彩る多彩な楽曲群も高い評価を得ている。
また作中では「マジョリティによる異人種への迫害」や「ジョックのナードに対するいじめ」といったアメリカならではのテーマも扱われており、登場人物がそれらの問題とどのように向き合っていくかも焦点のひとつである。
登場するキャラクターは童話や過去の英雄といった「物語」をモチーフに造形されており、元となった「物語」を踏まえておくと視聴時や考察の際の楽しみが増す。

動画はまずRooster Teethの公式HP上で最新のエピソードが公開され(Rooster Teethのスポンサー登録をしていれば一般公開よりも早く視聴することができる)、その後その1つ前のエピソードがYouTubeのRooster Teeth公式チャンネルで公開されるという形式。YouTube版は作画ミスの修正など細かな部分に手が加えられている。
2012年11月から2013年6月にかけてメインキャラクター4人を紹介するトレイラー「Red」「White」「Black」「Yellow」が公開され、その後本編「Volume1~4」のエピソードが2013年7月より1年に1回のペースで順次公開されている。現在は「Volume5」の公開が2017年秋より予定されている。

なお、シリーズの企画・原案であり、原作・監督・アニメーターとして活躍したクリエイターであるMonty Oum氏が2015年2月1日、重度のアレルギー反応によって33歳の若さで急逝した。これを受けて一時はシリーズ製作を続けるかも危ぶまれたが、今後も製作を継続していくことが、プロデューサーのGray Haddock氏によってRooster Teeth公式HPで発表された。

日本における展開

2014年7月にワーナー・ブラザーズによって、2015年より日本における正式な展開が開始されることがプロデューサーのHaddock氏によって発表され、同年12月のコミックマーケット87において、日本語訳された設定や著名な漫画家・イラストレーターによるイラストレーションが収録された公式日本語ファンブックが販売された。
その後2015年8月のコミックマーケット88にて日本語吹替え版PVの公開と同時に、Volume1の吹替え版BD・DVDが12月9日に販売されることが発表され、BD・DVD販売に先駆けて11月14日から2週間限定で、全国6都市の映画館での先行上映イベントが行われた。また同年11月からはウルトラジャンプ誌上にて三輪士郎氏によるコミカライズ(後述)の短期集中連載が開始された。
その後原語版のVolume4の公開日の公表に合わせて、Volume2・Volume3の吹替え版の製作が正式に発表された。

そして、2017年7月には待望とも言える日本語吹き替え版のテレビ放送が決定した。

世界観

物語の舞台は科学技術と魔法が同居する世界『レムナント(Remnant)』。ロボットやタブレット端末のような科学的・未来的なアイテムが登場する一方で、自然界の力の結晶ダスト(Dust)や、生命の魂が持つ力オーラ(Aura)などのファンタジックなガジェットも存在する。
レムナントには人類や動物のほか、獣の器官を持った獣人種ファウナス(Faunus)も共に暮らしている。また街を離れればグリム(Grimm)と呼ばれる凶暴なモンスターが跋扈しており、人類は種の誕生以来グリムによって暮らしを脅かされ続けているが、現在はダスト関連の技術も発展し、グリムの討伐・治安の維持を行うハンター(Huntsmen / Huntresses)が存在することで、比較的平和な生活を送っている。
物語はハンターを目指す一人の少女、ルビー・ローズ(Ruby Rose)が、ひょんなことからハンター養成学校ビーコン・アカデミー(Beacon Academy)に飛び級で入学するところから始まる。

登場人物

詳しい登場人物の詳細はRWBYの登場人物一覧、または個別の記事を参照。

日本語吹き替え版キャスト

キャラクター名・・・吹替えキャスト名
ルビー・ローズ・・・早見沙織
ワイス・シュニ―・・・日笠陽子
ブレイク・ベラドンナ・・・嶋村侑
ヤン・シャオロン・・・小清水亜美
ジョーン・アーク・・・下野紘
ノーラ・ヴァルキリー・・・洲崎綾
ピュラ・ニコス・・・豊口めぐみ/伊藤静※
ライ・レン・・・斉藤壮馬
サン・ウーコン・・・前野智昭
ネプチューン・ヴァシリアス・・・中島ヨシキ
ヴェルヴェット・スカーラティーナ、ペニー・ポレンディーナ・・・藩めぐみ
シエル・ソレイユ、アルスラーン・アルタン・・・内藤有海
ココ・アデル・・・伊藤静
カーディン・ウィンチェスター・・・木村昴
ラッセル・スラッシュ・・・宮本淳
スカイ・ラーク・・・森田了介
ナディール・シコ・・・竹内栄治
ブロンズ・ニー・・・木島隆一
リース・クロリス、デュー・ゲイル・・・森千早都
フリント・コール・・・櫻井トオル
ネオン・カット・・・藤村鼓乃美
オズピン学長・・・井上和彦
グリンダ・グッドウィッチ・・・浅野真澄
バーソロミュー・ウーブレック・・・烏丸祐一
ピーター・ポート・・・あべそういち
ジェイムズ・アイアンウッド・・・てらそままさき
ウィンター・シュニ―・・・川澄綾子
クロウ・ブランウェン・・・平田広明
レイヴン・ブランウェン・・・林原めぐみ
タイヤン・シャオロン・・・堀内賢雄
ローマン・トーチウィック・・・三木眞一郎
シンダー・フォール・・・甲斐田裕子
マーキュリー・ブラック・・・緑川光
エメラルド・サストライ・・・井上麻里奈
ヘイ・ション(ジュニア)・・・宮本克哉
タクソン・・・・・三宅健太
アダム・トーラス・・・中村悠一
セイラム・・・井上喜久子

※豊口氏産休によるVolume3代役

用語集

詳しい詳細はRWBY用語集を参照。
作中でも要所で説明が入るため、予備知識なしで視聴を始めても問題ない。

メディアミックス


ゲーム

ハック&スラッシュ型のアクションゲーム『RWBY: Grimm Eclipse』が Steamにて好評発売中。
ストーリーはVolume2とVolume3の間の時系列で、チームRWBYの4人を操作してグリムを倒しながらミッションを進めていく。またゲーム独自の敵なども登場する。
余談だが、元々はファンが開発していた同人的な存在のゲームだったが、デモ映像の公開後Rooster TeethのRWBYスタッフから開発者にコンタクトがあり、その後開発者がRooster Teethに向かい入れられ公式のゲームとして開発が進められたという経緯がある。

コミカライズ

漫画『DOGS/BULLETS&CARNAGE』やゲーム『セブンスドラゴン2020』のキャラクターデザインで知られるsupercell三輪士郎氏によるコミカライズ。2015年11月19日よりウルトラジャンプ誌上にて短期集中連載が行われている。
連載は当初はチームRWBYの4人のトレイラーが基になったストーリーが展開し、キャラクターの心情の補完が行われた。現在はVolume2の時期の出来事に当たるオリジナルストーリーが展開している。

動画

詳しい詳細は動画リストを参照。

外部リンク


関連タグ

Poser : 本作の製作ツールとして用いられる映像制作用ソフト。本編開始後は正式スポンサーとして参加している。
カートゥーン 海外アニメ アニメ
RWBY100users入り RWBY500users入り
RWBY1000users入り RWBY5000users入り RWBY10000users入り
RWBYOC : RWBYの世界観を使って描かれたオリジナルキャラクターおよびチームの二次創作。

pixivに投稿された作品 pixivで「RWBY」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20229927

コメント