ピクシブ百科事典

RX-78-2

あーるえっくすななじゅうはち

RX-78-2とは「機動戦士ガンダム」の主役機ガンダムの制式番号である。
目次[非表示]

RX-78といえばコイツ。
「2」がついた経緯は以下を参照のこと。
なお最後の数字はその機体の仕様を現すものである。アムロが搭乗したRX-78は初期がタイプ2であるが、劇中でマグネットコーティングを施されたことから最終的にはタイプ3と同等の仕様となっている。

概要

性能その他はRX-78の項に詳しいのでそちらを見てください。
今や有名な名称だが、実は作中で一回もそう呼ばれていない。

何故なら、初めから決められていたものではなく、設定遊びの一環としてつけられたからである。が、劇場版製作時には正式な設定になった。
つまり、VOCALOIDの持ち物とか好物と同じで元々は非公式なものだったのである。

由来

そもそもの始まりは第一話の台本ににあったという「ガンダーX78」という名称。ガンダムの正式名称かどうかは定かではないが、本番時にカットされている。
これに目をつけたのが今はなきアニメ誌の「アニメック」
たちまちにRX-78という名称が出来た。
(尚、Rxの「R」はロボット、もしくはレボリューションの略といわれている)
※RX-78の「R」は設定的な意味は存在しない。これは当時デザインを担当した大河原邦男の愛車、「サバンナRX-7」からつけられたものである。

登場作品

機動戦士ガンダム

別名

白い悪魔

関連タグ

ガンダム アムロ・レイ

兄弟機(いわゆるRxシリーズ)

プロトタイプガンダム …RX78-1
G-3ガンダム …RX78-3
ガンダム4号機…RX78-4
ガンダム5号機…RX78-5
ガンダム6号機マドロック…RX78-6
ガンダム7号機…RX78-7

pixivに投稿された作品 pixivで「RX-78-2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 592661

コメント