ピクシブ百科事典

SAIGA

さいが

 SAIGA(サイガ)とはロシア連邦(旧ソ連)の銃器メーカー、イズマッシュ社が開発したセミオートショットガン。アサルトライフルの大ベストセラーとして名高いAK-47をベースに開発された。
目次[非表示]
ハヤミで裸パーカー


……そう。

 AK-47によく似た外見だが、れっきとしたショットガンである。ただし、フルオート射撃はできない。それじゃ面白くないだろうが。

概要

ロシアの銃器メーカー・イズマッシュ社が、同社が製造・供給しているカラシニコフ・アサルトライフルをベースに開発した、軍・警察向けのコンバット・ショットガン。
耐久性は折り紙つきであり、また口径のバリエーションも多い。
またヨーロッパ圏ではスポーターAKもSAIGAの名で売られている。

特徴

 正確にいうと、本銃のベースになっているのはAK-47ではなく、その改修モデルであるAKMである。構成部品の大半はAKMと同一で、当然のことながら互換性がある。
 耐久性はすこぶる高く、またセミオート銃ならではの大火力とボックス・マガジンの採用による素早いリロードが可能なことがセールスポイントである。
しかも、西ヨーロッパやアメリカの製品と比べて低価格なのも魅力である(このあたりもAK譲りというべきか)。
さらにその上日本で所持可能(当然、警察で登録し、現行の銃刀法に適合するように改造する必要がある。ボックスマガジンは2発しか入らない特製のものしか許可されない。そんなのボックスマガジンとセミオートの意味ないじゃん)。
 ちなみにSAIGA-12の「12」はSPAS12同様「12ゲージ」を意味し、SAIGAの名は同社ではハンティング用セミオートマチックライフルに使われている。
 また、12ゲージ以外に410ゲージや20ゲージに対応したモデルも存在している。これらは主に、ハンターなどの民間向けの需要を満たすために製造されたものである。
 レシーバーカーバーにマウントベースを設ける、ガスブロックにアンダーマウントレールを設けるなど、より警察用途向けに改良を加えたKS-Kが開発されている。

 なお、本銃とよく似た性格を持つ『モロトVEPR-12』というセミオートショットガンがあるのだが(こちらのベースはRPK軽機関銃で、同じくロシアのモロト社が製造・供給している)、こちらはフランス国家憲兵隊ジャンダルム)に採用されている。
おい、先を越されちまったぞ。
 更にはアメリカではセレクターをAR-15に似せ、コッキングレバーを操作のしやすい反対側へと移し、AR-15タイプの伸縮式ストックに対応したボックスマガジン式AKクローンショットガンがDDI社からAK-12として販売され、ついにはカラシニコフUSAから同じボックスマガジン式のKS-12が発表されてしまった。
がんばれSAIGA。

なお、イズマッシュは2012年に経営破綻するもイジェメックと合併しカラシニコフ・コンツェルンとなった。
イズマッシュの名はブランド名として残る模様。

スペック(SAIGA-12)

全長1,060mm
銃身長495mm
重量3,600g
口径12ゲージ
装弾数5/8発


関連タグ

ソ連
AK-47
SVD
KS-K
KS-12

pixivに投稿された作品 pixivで「SAIGA」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45638

コメント