ピクシブ百科事典

SIREN:NT

さいれんにゅーとらんすれーしょん

『SIREN:New Translation』(サイレンニュートランスレーション)はソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEI)が開発及び発売したプレイステーション3用のホラーゲーム。『SIREN』シリーズの第3作である。
目次[非表示]

概要

海外での名称はSiren: Blood Curse
キャッチコピーは息することさえ、恐怖。

第一作のSIRENの海外版リメイクであり、話の概要は主に同じ。
一作目(SIREN)二作目(SIREN2)は日本人のキャラクター主体であるのに対し本作はアメリカ人のキャラクターを主体とした物語作品になっておりストーリーに関しても第1作を踏襲しつつそれを一度分解しキャラクターを変えて再構成した「新訳」(New Translation)という形が取られた。

本作は『SIREN』の世界での正史ではなく第1作を元に作られたフィクション的な位置(『SIREN2』でいう平行世界での出来事)とも取れる。外国向けに作られた作品であるためか敵のモチーフ等も外国人が嫌悪しやすい昆虫に変えられていたりとハリウッド映画のような良くも悪くも分かりやすい演出が加えられておりSIRENシリーズでの禁じ手であるゴリ押しが最も出来るまさに外国人向けゲーム。

あらすじ

2007年8月3日。米国テレビクルーが突然消息を絶った。午前0時、赤い海からサイレンが鳴り響き、消えた村が蘇る。謎のメッセージに興味を持ち羽生蛇村を訪れた高校生。テレビクルー達は消えたはずの生贄の儀式を目撃し、絶望という名の戦いが始まる。

登場人物

登場人物の人数がSIRENに比べて極端に少なく登場人物の大半が旧作のキャラクターと似たような立ち位置にいる。
置き換えると

ハワード・ライト須田恭也
美耶古神代美耶子
犀賀省悟宮田司郎牧野慶志村晃神代淳
河辺幸江恩田美奈
嶋田習次石田徹雄
サム・モンロー竹内多聞前田隆信
メリッサ・ゲイル高遠玲子前田真由美
ベラ・モンロー四方田春海前田知子安野依子
ソル・ジャクソン名越栄治
アマナ八尾比沙子

とキャラによってはかなり役割を兼任している

主人公であるハワード・ライトは外国人であることと第一作目の主人公・須田恭也の通称であるSDKにちなんでファンの間では別名USDKと呼ばれている。

追加・変更された要素

アクション
要素攻撃構えがなくなり、各種攻撃は□ボタンかR1ボタンのみで行うようになった。
銃構えがL1ボタンになり、照準移動も右スティックでの操作に変更された。銃構えの際は、左スティックで動けるので、狙撃銃での移動撃ちが可能になった。
サブコマンド(前作までのリストメニューから選べるコマンド)や懐中電灯のON/OFFは全て十字キーで行うようになった。
相手を転倒させることができるダッシュ攻撃や転倒した敵への追い討ち攻撃、敵を一撃で倒す「フェイタルムーブ」が追加された。
モーションセンサーに対応しており、転倒からの起き上がりや扉押さえ、敵の掴み攻撃から脱出などのアクションは全てコントローラーを振って対応する。

視界ジャック
前作までは相手の視界を見ると画面全体で表示されていたが、本作では操作キャラと相手の視界とで横に二分割されて表示されるようになった。この際は、画面上に最大3つまで相手の視界の表示が可能となっている。
前作では視界ジャックをしながらの移動は三上のみだったが、本作では全キャラ可能となっている(その際、表示できる視界は1つ)。

その他
前作までにあったスタミナの概念がなくなり、武器の所持も1つだけとなった。
前作までは終了条件が2つ存在したが、ストーリーの流れとして分かりやすくするために1つとなった。

余談

公式ページでは「エピソード0」が公開されこちらも発売日に向けて1日1チャプター(全13回)ずつ公開された。「エピソード0」では日本のテレビクルーが本編と同日に羽生蛇村を訪れるという設定である。現在、公式では閲覧不可

YOUTUBEにて↓


関連タグ

総合

SIREN SIREN2 屍人

登場人物

ハワード・ライト 美耶古 犀賀省悟 河辺幸江 嶋田習次 サム・モンロー メリッサ・ゲイル ベラ・モンロー ソル・ジャクソン アマナ

他の記事言語

SIREN:NT

pixivに投稿された作品 pixivで「SIREN:NT」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1539959

コメント