ピクシブ百科事典

SS版STAGE1の音声について

せがさたーんばんすてーじいちのおんせいについて

「レイディアントシルバーガン」のチームリーダー、井内ひろし氏によってある同人誌に寄稿された文章。セガサターン版「レイディアントシルバーガン」の最終ステージであるステージ1において追加された音声群について、これらの台詞群が意味するものを示している。──わたしのこと、愛してる?

SS版STAGE1の音声について』とは、トレジャーの井内ひろし氏(現所属:M2)がある同人誌に寄稿した文章、そのタイトルである。

概要

1998年公開。『レイディアントシルバーガン』関連のある同人誌に、トレジャーの同作開発チームリーダーである井内ひろし氏が寄稿した文章である。

詳細は『レイディアントシルバーガン』の項に譲るが、同作のセガサターン版は、最終ステージであるSTAGE1、敵ボスが自爆するまでの間耐え続ける局面において、その背景で物語じみた音声群が追加されている。
そのままの内容を受け取れば、これらは人の業についての破滅的な物語を紡いでいるように聞こえる。
これだけでも当時はそのメッセージ性が話題を呼んだが、本文によって、これらの音声、そして『レイディアントシルバーガン』という作品そのものについて、井内氏が如何なるメッセージを世に送り出すつもりであったかが明らかになった。

該当する同人誌は既に頒布終了しているが、文章の全文、そしてそれらの音声群がそれぞれ何を表しているのかについては、こちらで閲覧可能
MS Edgeで参照すると文字化けするため、Windows10ユーザーはInternetExplorerまたは他社製ブラウザで閲覧されたし。

当該ボス戦動画

youtubeへの外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「SS版STAGE1の音声について」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 225

コメント