ピクシブ百科事典

SS魔導

せがさたーんまどう

セガサターンより発売された魔導物語。 なお、魔導物語Ⅰのリメイクではなく、完全新作である。

1998年7月23日にセガサターンで発売。正式タイトルは単に『魔導物語』。
ただし、『魔導物語1-2-3』等の移植やリメイクではなく、完全新作である。
そのため本項のような『SS魔導』という略称がよく用いられる。

登場キャラクターはアルル・ナジャルルーを初めとする魔導物語及びぷよぷよシリーズのキャラクターで、ぷよぷよSUNから初登場したラグナス・ビシャシが本作では物語のカギを握っている。
また、システムが従来の魔導物語とは違い、3Dダンジョンやファジーパラメータではなく、2DマップのいわゆるドラクエやFF型のRPGになっている。

仲間キャラクターはアルル・ナジャルルーを基本固定として、ラグナス・ビシャシミノタウロスシェゾ・ウィグィィすけとうだらハーピードラコウィッチもももなど物語の進行状況によって変わるがもう1人仲間がいることがある。

敵キャラクターは色違いもいるが基本魔導物語ぷよぷよシリーズに登場してきたキャラクターで、敵によって弱点も異なる。
なお、ぷよぷよは4つくっつくと消える特性はもちろん存在し、仲間を呼び寄せて勝手に消滅するということも少なくない。
更におなじみの5色ぷよだけでは無く、様々な派生ぷよも敵キャラクターとして登場する。

この作品の物語は、当初は別のシナリオが予定されていたが、コンパイルの和議申請などの影響を受けて一旦お蔵入りとなりかけ、その後改めて規模を縮小して作り直されたものとされており、この際にお蔵入りになったシナリオは後に小説版真・魔導物語として別に出版されている。
そのためゲーム版の本作もその真魔導設定の影響を受けている部分があり、お馴染みのキャラクターでも初対面のようなやりとりをすることがある。
なお、本作SS魔導のゲーム版シナリオ自体も小説『魔導物語’98』としてノベライズされており、後に本作と真魔導を繋ぐ話である小説『真・魔導物語外伝』も出版された。
(ただし、真魔導シリーズ自体は「商業二次」であり、SS魔導本編で描かれたものを除く真魔導の独自設定は魔導シリーズの公式設定ではない扱いになっている。)

関連タグ

魔導物語 ぷよぷよ コンパイル
ヨグス 真・魔導物語
SS魔導物語(表記ゆれ)

pixivに投稿された作品 pixivで「SS魔導」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14750

コメント