ピクシブ百科事典

TSノート

てぃーえすのーと

東方TS物語に登場するアイテムの名称。
目次[非表示]

解説

紅魔郷編の冒頭、散歩をしていた三日月ネコ氏が道端で拾った物。
氏はこれを使って幻想郷の少女達に憑依や入れ替わりをしている。
元の所持者が誰かは不明。

使い方

番外編でその使い方について説明がなされており

  1. 『自分の名前→憑依したい相手の名前 憑依』と書く。
  2. その後『何時から何時まで憑依するか』の時間を書く。

時間を書かないと元の身体に戻れなくなる恐れがある。
なお、時間になったら魂が抜けて元の身体にしか入れなくなる。
恐らく本編で使われた入れ替わり等の使用にも時間の指定が必要だと思われる。

また、高等テクニックとして

・相手の首から下だけに憑依する
・複数の相手に同時憑依する

という方法もある。

HOW TO USE

・このノートに名前を書かれた人間はTSFされる。
・対称にする人物の顔が頭に入っていないと効果はない。ゆえに同姓同名の人物に一度に効果は得られない。
・名前の後に人間界単位で 40 秒以内に種類を書くと、その通りになる。種類を書かなければ全てが性転換(女体化・男性化)となる。
・種類を書くと更に 6 分 40 秒、詳しいTSFの状況を記載する時間が与えられる。
・このノートは人間界の地に着いた時点から人間界の物となる。
・所有者はノートの元の持ち主であるTSF神の姿や声を認知する事ができる。
・このノートを使った人間は男にも女にもなれない。
・TSF方法に性転換と書いた後、40 秒以内にTSF時刻を書けば、性転換であってもTSFの時間を操れ、その時刻は名前を書いてからの 40 秒以内でも可能である。
・TSノートに触った人間には、そのノートの所有者でなくとも、元持ち主のTSF神の姿や声が認知できる。
・TSノートを持っている限り、自分が死ぬまで元持ち主であるTSF神が憑いてまわる。
・TSノートから切り取った 1 ページやその切れ端でも全て、TSノートの特性が有効である。
・文字として残る物であれば、書く道具はノートに直に書き込みさえすれば何でもよい。化粧品や血でも構わない。

(twitterでの三日月ネコさん本人のツイートより)

コメント