ピクシブ百科事典

TYPE-LANCEL

たいぷらんせる

TYPE-LANCEL とは、フロム・ソフトェア社から発売されているゲーム、アーマード・コアフォーアンサーに登場するネクストACである。
目次[非表示]

概要

ローゼンタール社がTYPE-HOGIREの後継機として開発したアーマードコア・ネクストである。
主人公機体であるストレイドの内、オーメルグループを選択した場合はこの機体が支給される。

機体設定

ローゼンタール社による新標準機。
同社製ネクストは「象徴性」と「バランスの良い製品作り」を特徴としており、曲面で構成されたフォルムの機体が多い中において鋭角的でヒロイックなデザインをしている。
ACfAAC4のリンクス戦争から12年の歳月が経過しているのだが、その間にローゼンタール社はオーメル社からネクストに関する開発能力の技術的支援を得ていない。結果的にTYPE-LANCELはリンクス戦闘当時の旧式技術のみで製造されることなり、名ばかりの新標準機という悲劇を背負うことになる。
オーメル社はリンクス戦争により敗北した旧レイレナードの技術を吸収して技術発展した結果、新標準機TYPE-LAHIREを製造している。
この事とオーメル社がネクスト開発におけるリーディングカンパニーとなっていることも含めると、ローゼンタール社に技術支援を行わなかったことは何らかの意図があったと考えられる。
TYPE-LANCEL用に開発されたと思しきレーザーライフル、レーザーブレードが存在する。
これらの武器はオーメルの支援によってローゼンタール社が自社開発した武器であるため、全く技術支援を受けてないというわけではないようである。


ゲーム内での性能

本機を一言で表すと「万能であることが長所であり短所」。
耐久力や防御力がTYPE-HOGIREに比べて低いものの、それを補って余りある機動性、攻撃適正を持つ。
近距離から遠距離に対応できる万能機で、どの分類の武装も平均的に使える。
ACという難易度の高いゲームをする際のガイド役に相応しい総合力があるため、初期機体を選ぶなら一考の価値あり。安価で修理費を抑えやすいのも魅力の一つ。
初期機体では唯一アサルトアーマーを搭載している機種でもある。
相手に応じてアセンを対応することができるのが魅力ではあるものの、特化機に比べると見劣りする部分も多く、上級者の普及率は低い。
各フレームパーツは見た目の良さやEN消費に少々難があるものの、十分な総合性能から、パーツ単位で愛好している人は少なくない。



作中に登場する機体

ストレイド/主人公(支援企業にオーメルグループ選択時)
サベージビーストカニス(独立傭兵胸部のみサラフコア)
トラセンドダリオ・エンピオ(ローゼンタール所属のリンクス)


関連イラスト

関連イベント

関連タグ

ACfA
ARMORED CORE for ANSWER
アーマード・コア
ストレイド
ローゼンタール
オーメルグループ

pixivに投稿された作品 pixivで「TYPE-LANCEL」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11488

コメント