ピクシブ百科事典

UPFG

うぷふぐ

謎の組織UPFGについて君は真実を知ることが出来るだろう。
目次[非表示]

とある同人誌制作集団.

UPFGについて

UPFGとは東京都文京区田端に本拠地を置く同人団体である。評論・情報系サークル秋葉原大学を中核とする10数サークルの連合体として組織され、正規職員は約70名(公称)とされている。

夏・冬のコミックマーケットを中心に、構成サークルが独自にイベントに参加し、コングロマリット非統制型同人サークルに分類される。

組織形態

東京都文京区田端に内閣及び中央省庁を設置している。これは通常の同人サークルにおける本社管理部門としての役割を担っている。なお一部の省庁は地方分権の観点から大阪市(外務省)や福岡市(総務省)、松山市(大蔵省)などに設置されている。

支店制度

もともとUPFGの地方組織は長らく大使館や総領事館などの在外公館を全国各地に設け、整備されてきた。しかし2007年頃に民営化を行い、現在では地域別組織制が実施されている。全国をブロックごとに分ける支社を設置し、支店網の管理を行なっている。なお、国外駐在員事務所・現地法人は設置されていない。
(支社設置都市:札幌、東京、大阪、松山、宇部、福岡)
また各支社の下には統括支店を設置し、クラスタを形成している。
(統括支店設置都市:札幌、東京、日野、西宮、神戸、岡山、大分)

現在では北海道から鹿児島までの全国ネットワークが整備されている。

人事制度

UPFGでは実力本位の人事制度が導入されている。非公開かつ暗黙の基準により採用候補となった者は「支店長候補」として採用候補となる。このうち非公開かつ暗黙の手続きを行った者に対し、支店長人事を発令することで正式に採用となる。原則として居住地及び周辺を所管する支店格が付与され、UPFGの様々な行事に巻き込まれたり、うどん等の各種遠征に徴用されるようになり面倒事としがらみが増えるので、極力採用されない方がいい。

支店長として一定の評価を受けると、統括支店長に任じられ、拠点都市における諸活動の全件が移譲される。更に必要に応じて幹部職である支社長に登用されることや、スタッフ職として入閣することとなる。UPFG内部で昇進したとしても余計な仕事が増えるだけで、メリットは何もない。

主な活動

部活動

UPFG内部を対象とする部活動が設置されている。金銭的な支援等は何もないが、母集団の人数だけは無駄に多いので仲間は見つけやすい。月に数回集まったり遠征したりする他、連絡窓を開設し、情報交換を行う。

PM部

カードゲームを行う。

コスプレ部

コスプレをする。

光画部

高いレンズやカメラを買う。

ジェノサイダーズ

ミニ四駆を作ったり走らせたりする。

うどん研修

香川県内のうどん屋を1~2日かけて周り、うどんを食べる。おいしいが交通宿泊費は全て自腹となる他、旅行実施にあたっての様々な準備を強制ボランティアさせられる企画。多くの参加者が強制的に高松に集められ、飛行機や新幹線を使ったとしても全額自腹で負担しないといけない。しかも毎年同じ店に行く。また朝も非常に早く、夜も遅いため体力的に厳しいこととなる。何が楽しいか君に分かるだろうか?

2008年実績:参加者17名 乗用車5台 宿坊確保
2009年実績:参加者19名 乗用車4台 宿貸切
2010年実績:参加者27名 大型バス1台 大部屋確保
2011年実績:参加者53名 大型バス1台 宿貸切
2012年予定:参加者64名 大型バス1台 宿貸切 鋭意準備中


うどん研修下見

上記うどん研修に先立ち、団体行動の問題点把握や各種練習のためにわざわざ交通費等を自腹で負担して行う遠征。うどんは食べない。名前くらいしか知らない連中と同じバス・同じ宿・同じ列車等に詰め込まれ、団体行動を強要されるクソ企画。本当に何が楽しいか分からない。
特に2011年の企画では、大阪国際空港まで無理やり呼び出され、飛行機に詰め込まれた挙句、九州資本のファミレスジョイフルを視察して企画終了となった。

2010年実績:参加者29名 長崎県長崎市訪問 路面電車貸切運行 宿貸切 特急かもめグリーン車貸切
2011年実績:参加者39名 熊本県多良木町訪問 旅客機貸切運行 宿貸切 特急にちりんシーガイア25・27号グリーン車貸切 

同人活動

コミケで何か出したり、買ったりする。スタッフやったり、同人イベントの主催をやる人もいる。

まとめ

関わっても何が面白いか分からないし、時間の無駄ですよ。きっと。

pixivに投稿された作品 pixivで「UPFG」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22532

コメント