ピクシブ百科事典

UWF

ゆーだぶりゅーえふ

かつて存在した団体。
目次[非表示]

概要

二期に分かれて存在し、それぞれに違いがある。

第一期(旧U、ユニバ)

1984年新日本プロレスの営業本部長だった新間寿を中心に、当時所属選手だった前田日明藤原喜明、旧国際プロレスからの移籍組のラッシャー木村剛竜馬グラン浜田マッハ隼人らによって立ち上げられた。

当初はアントニオ猪木をはじめ新日の有名な“ガイジン”レスラー参戦も予定されていたがテレビ朝日(当時の大株主)によって阻止され、結局は中堅レベルの選手で旗揚げ興行を行った。

その後、初代タイガーマスク佐山聡が入団。(入れ替わりで新間と浜田が退団)
佐山のつてで山崎一夫木戸修といったカール・ゴッチ門下生(前田や藤原も弟子)が入団するに到って、後のUWF=ゴッチ・イズムの元となった。

しかし、1985年9月の佐山と前田との試合中に事故が起こり、それが引鉄となって第一期は幕を閉じ、多くの選手が新日に移籍した。

第二期

1988年、前年の長州力との試合で不意打ちをした件で無期限出場停止→解雇となっていた前田がUWFを再興。
それまでの団体とは趣を異にし、興行数は月一回、ビデオ販売で収益を上げるビジネスモデルを形成して既存団体との違いを明らかにした。

翌年には藤原が船木誠勝鈴木みのるを連れて再加入。11月には「U-COSMOS」を東京ドームで開催。6万人を動員した。

だが1990年メガネスーパーの出資でSWSが旗揚げされると、所属選手をリングに上げるか上げないかで前田とフロントがが対立、全選手を解雇する形で決着し、12月長野大会では船木の呼びかけにより欠場中の前田を含む全選手がリングに勢揃いし万歳三唱、選手の一致団結をアピールし新団体設立を印象付けたが、これをもって興行は停止した。
その後、UWFは3派(前田のリングス、藤原の藤原組UWFインターナショナル)に分かれる。

関連動画



所属選手

※現役は太字。斜字は故人。

第1次UWFと第2次UWFの両方に所属

前田日明
高田延彦
山崎一夫
藤原喜明
中野龍雄(現:中野巽耀)
宮戸成夫(現:宮戸優光)
安生洋二

第1次UWFのみ所属

スーパータイガー(旧:ザ・タイガー、現:初代タイガーマスク
木戸修
剛竜馬
グラン浜田
マッハ隼人(初代)
ラッシャー木村
ミスター空中(レフェリー兼任)
神田秀宣
岡本剛(現:ブルーザー岡本)
広松智
星名浩
森泰樹
高山善廣(練習生)

第2次UWFのみ所属

船木誠勝
鈴木みのる
田村潔司
垣原賢人
冨宅祐輔(現:冨宅飛駈)
内藤恒仁
長井弘和(現:長井満也)(練習生)
山本宜久(練習生)

関連人物

古田信幸・・・第2次UWFの時のリングアナウンサー。因みに第1次UWFのリングアナ・神真慈は第2次UWFの時代表取締役社長を務めた。

pixivに投稿された作品 pixivで「UWF」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19640

コメント