ピクシブ百科事典

Vガンダム

ゔぃくとりーがんだむ

V(ヴィクトリー)ガンダムとは、TVアニメ『機動戦士Vガンダム』に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

概要

レジスタンス組織「リガ・ミリティア」が、ザンスカール帝国軍の軍事的脅威に対抗すべく推進したMS開発計画「V(ヴィクトリー)プロジェクト」に基づき開発した機体。
当初は単に「ヴィクトリータイプ」と呼ばれていたが、一年戦争期に伝説的な活躍を残した名機「RX-78 ガンダム」にあやかり現在の名称に変更された(ザンスカール側からはガンダムは反抗の象徴であるとしてガンダムとは呼ばれず、ヴィクトリータイプと呼ばれている)。

初代ガンダムZZガンダムと同じく、コックピットとなるコア・ファイターに上半身と下半身のパーツを装着することで一機のMSとなる(ただし、過去のコア・ブロックシステム採用機と異なり、Vガンダムのそれは胸部自体がコア・ファイターとなる)。
ジェネレーターや推進装置をコア・ファイターに集約しているため、コア・ファイターに比べると上半身と下半身は安価であり、大量の予備パーツが存在している。
このような構造となった理由は、リガ・ミリティアという組織が正規軍でないことにより、満足な補給が受けられないことに由来する。つまり、破損した機体もパーツを換えればその場で再利用が効く上に、替えの利かないパイロットの生還性も高めることが出来るという意外に合理的な発想から成り立っているのである。

この生産性の高さからか『ガンダム』の名を冠する機体としては珍しく、相当数が生産されている。
ただし、本機はあくまで「準量産機」である為、名称や機構からジムの様な本機の量産タイプの印象を受けるガンイージは同時期に開発された別コンセプトの機体である。

武装はコア・ファイター時に使用可能なバルカン砲、MS形態時の主武装であるビーム・ライフル、ビーム・サーベル。防御用の装備として肘にビーム・シールドを装備する。
このほか、機体各部に設けられたハードポイントにより、ミサイルポッドやヴェスバーなどといった武装の追加・交換も容易となっている。
また、過去のネオ・ジオン製MSバウのように、四肢を質量弾として使用する事も可能。

なお、2013年11月にVガンダムシリーズ(およびF90以降のガンダム)としては初めてHGUCシリーズにてキット化されることとなった。
これはガンダム35周年を祝う「オールガンダムプロジェクト」の一貫であり、放送開始から実に20年の時を経ての事である。

バリエーション

Vダッシュガンダム

Vガンダムにオーバーハングパックを装着した形態。
通常形態の火力不足を解消し、機動力の強化もされている。
また、コア・ファイターがオーバーハングパックを装備した状態を「コア・ブースター」と呼称する。

Vガンダムヘキサ

Vガンダムヘキサ


Vガンダムの指揮官機仕様。
通常型の頭部V字アンテナを外し、通信・索敵性能強化型アンテナを装着している。
通信能力を強化した指揮官用の機体ではあるが、本編中ではノーマルのVガンダムにヘキサが従うという逆の描写がされている。
また、この機体にオーバーハングパックを装着すると「Vダッシュガンダムヘキサ」となる。
最終的には、自軍の士気を上げるためにV字アンテナ(ガンダムの象徴)があった方が良いという理由から、マーベットがヘキサを受領する際にノーマルタイプに換装されている。

リア・シュラク隊仕様

隊長のおねーさん


機動戦士クロスボーンガンダムゴーストに登場。
リア・シュラク隊が運用するVガンダム。黒い機体色以外の仕様は他の機体とは変わらない。
リーダーであるトレス・マレスのみ、指揮官機であるVガンダムヘキサに搭乗する。

騎士Vガンダム

コミックボンボン版に登場。Vガンダムに増加装甲(というより装飾)を装備させた形態。
ビームサーベルにも装飾目的の『鞘』がつけられ、マントまで装備している。同じくマントを装備したクロスボーンガンダムとの関連性は不明。
ゴッドワルドに大破させられ、登場は1話限りであった。
余談だが、後にSDガンダム外伝に登場する騎士ヴィクトリーとはまったくの別デザインである。

V2ガンダム

Vガンダムの後継機。
詳細はV2ガンダムを参照。

セカンドV

小説版にのみ登場したVガンダムの後継機(V2は未登場)。
詳細はV2ガンダムを参照。

ゲーム作品でのVガンダム

「ガンダムVS」シリーズ

EXVS以外全シリーズに1000コスト(EXVSMBでは1500コスト)機体として登場。武装はビームサーベルやビームライフルの他、パーツを射出して攻撃できる。
アシストは、無印とNEXTは盾となってくれるガンイージ、EXVSFB以降は対象をスタンさせるゾロアット
この機体の特徴はパーツ射出攻撃であり、パーツを切り離した形態ごとに性能が変わる。EXVSFB以降では覚醒するとVダッシュガンダムになり、CSのオーバーハングキャノンによる照射攻撃ができる。
(ちなみに無印及びNEXTでは変形ができ、7つの形態を駆使して戦う機体だった。また、特殊射撃で両パーツ射出できた。)
サブ射撃でトップ・リム、特殊格闘でボトム・リムを射出。トップ・リムはダミー系の武装を優先的に飛んでいくので注意。
射出したパーツは再びコマンド入力で再合体できる。
トップファイターは機動力、ボトムファイターは格闘に特化した形態であり、特にボトムファイターは格闘が非常に強力である。
コアファイターの状態はアシストを除けばバルカンしかないが、無印では高空に逃げて時間稼ぎを狙う戦法があった。今となっては天井が下げられた為この戦法は使えなくなっている。
バーストアタックは「パーツアタック」。コアファイターになり、一定時間射撃か格闘でパーツ飛ばしを連射できるようになる技。被弾するとVガンダム状態に戻る。

関連イラスト

Vガン
ヴィクトリーガンダム


Vガンダム
Vガンダムキャノンタイプ


victory
Vガンダム



関連項目

ガンダム 機動戦士Vガンダム ウッソ・エヴィン ヴィクトリーガンダム V2ガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「Vガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2312687

コメント