ピクシブ百科事典

V2ガンダム

ぶいつーがんだむ

V2ガンダムとは、『機動戦士Vガンダム』に登場する機動兵器。
目次[非表示]

カタログスペック

頭頂高15.5m
本体重量11.5t
全備重量15.9t
ジェネレーター出力7,510kw
装甲材質ガンダリウム合金スーパーセラミック複合材
推力(ミノフスキー・ドライブ含む)測定不能(スラスターのみでは計66,790kg)


概要

軍事同盟リガ・ミリティアの新たなフラグシップとして開発されたVガンダムの後継機。
形式番号はLM314V21。
開発はリガ・ミリティアの指導者「ジン・ジャハナム」の一人である(あるいは真なるジン・ジャハナムである)ハンゲルグ・エヴィンの妻、ミューラ・ミゲルが手がけ、二人の息子であるウッソ・エヴィンが搭乗する。
ザンスカール帝国との戦争に於いて戦力に劣るリガ・ミリティアの中枢として活躍し、圧倒的な戦力数の差を覆し戦局をリガ・ミリティアへ傾けた。

本機の最大の特徴は実戦型モビルスーツで初めて「ミノフスキー・ドライブ」を搭載している事である。
ミノフスキー・ドライブは装置内でエネルギーフィールドを発生させ、その反作用で推進力を得る為に推進剤が不要であり、理論上はエネルギーが持続する限り、亜光速まで加速可能とされている。その為、実質的な総推力は測定不能。
当初はVガンダムのメインスラスターをジェネレーターごとミノフスキー・ドライブに変更する「セカンドV」プランが遂行していたが、機体が出力に耐えられないという事もあり、大幅に設計仕様が変更され、現在の姿となった。

Vガンダムのコンセプトを受け継いだ、コア・ブロックシステムによる分離合体・パーツ換装による戦局対応も可能であり、トップ・リム、ボトム・リムの戦場換装による高いダメージコントロールも見せた。
しかしながら準量産機であるVガンダムとは違い、V2ガンダムのコアファイターはミノフスキー・ドライブやその補器を搭載した結果、生産コストが高騰した為、量産性の優位点が失われてしまっており、戦中に生産できたのはオリファー・イノエ機とウッソ・エヴィン機の二機のみである。(オリファー機はロールアウト早々に特攻により消失してしてしまった為、実質的に運用されたのはウッソ機のみ。)
一方で、ミノフスキー・ドライブは推力以外にも多大な余剰出力を機体にもたらしており、これを活かすべく専用に開発された追加装備も複数開発された。それらをフル活用してもなお有り余るエネルギーが発生しており、後述する「光の翼」という想定外の「欠陥」が生まれている。

上述のミノフスキー・ドライブを除いてもその基本設計は極めて優秀であり、同世代の量産機と比較して倍近い出力のジェネレーターを搭載しており、さらに小説版(セカンドV)においてはウッソが「まるで自分の身体のよう」と評する追従性、フレームレベルで非常に頑健な構造を有している事が語られている。加えて、民間レジスタンスであるリガ・ミリティアで長期に渡って運用可能であったという事実から、整備性も高いと考えられる。

惜しみなく最高レベルの技術が集約された本機は、媒体によって「超高性能機」、「最高性能機」、「史上最強の機動兵器」、「究極のモビルスーツ」と評される。
特に艦艇の撃沈数は他のガンダム・タイプのモビルスーツの比ではなく、本機を含めて4機しか所属していないホワイトアーク隊が「巡洋艦扱い」とされるなど、比喩表現ではなく単機で戦術級の戦力を有していた。

当然のことながら民間レジスタンスであるリガ・ミリティアが単独で本機を開発するのは不可能であり、その背後にはアナハイムやサナリィといった巨大企業の存在が見え隠れする。特にサナリィのレコードブレイカーがミノフスキードライブの実験機体であることや、V2ガンダム自体がサナリィの月面施設で建造された事から、サナリィからの技術的な協力があったと思われる。

戦後は地球のカサレリアに於いて打ち捨てられ、雪をかぶり朽ちていく姿がラストシーンを飾った。

武装

マルチプル・ランチャー装備型ビーム・ライフル

Vガンダムのそれを発展させたビーム・ライフル。
基本的な構成はVガンダムのそれと同様だが、下部に対MS用グレネードなどを発射可能なマルチプル・ランチャーを装備する。
精密射撃時には頭部メインカメラ左側センサーが降りる。

ビーム・サーベル

Vガンダムのそれと同様の仕様のビーム・サーベル。
二基のサーベルを並べ出力を強化した上で使用された例も存在する。

光の翼

推力として変換しきれなかったミノフスキー・ドライブの余剰出力がメガ粒子として後部スラスターより排出される現象。
ミノフスキー・ドライブからすればシステム上の欠陥でしかないが、実戦ではそれ自体が超強出力のビーム・サーベル、ビーム・シールドとして機能したため、パイロットであるウッソのセンスと合致したことにより、様々な局面で効果的に運用された。
一方で、一定範囲内のミノフスキー粒子の運動を阻害する為、ミノフスキー・フライト搭載機の飛行を阻害する危険性も孕む。

派生機・バリエーション

V2ガンダム合体変形機構試作機

セカンドVプランからの設計仕様に伴い、V2ガンダムの合体・変形機構を検証する為に制作された試作機。機体カラーはテストパイロットのパーソナルカラーである青。
ミノフスキー・ドライブこそ搭載されておらず、性能的にはVガンダムと同等である。
その役目を終えた後、木星船団に譲渡され、同船団で運用された。


V2アサルトガンダム

V2アサルトガンダム


防御特化型のアサルトパーツを装着した機体。金色の耐ビームリアクティブアーマーやIフィールドビームバリアにより、ビーム攻撃に対して驚異的な防御性能を有する。特にモビルスーツサイズにデメリットや使用制限無しで、膨大なエネルギーを必要とするIフィールドバリアが搭載されているのは本機のみである。また追加された兵装によって全体的な火力も向上している。
通常の「フルアーマー」に見られるような、増加スラスターを一切持たないのが特徴。これは、本機がミノフスキー・ドライブによって莫大な余剰推力を有している事による恩恵であり、ミノフスキー・ドライブがいかに革新的な技術であるかを物語っている。

漫画版ではこちらが最終形態となる。

追加武装

  • 耐ビームリアクティブアーマー

機体各部に増設された金色の装甲。単純に実弾に対する増加装甲としても働くが、ビームに対しては瞬時に溶解し、強力な電磁層で機体を保護する。媒体によっては肩部にIフィールドバリア発生装置が内蔵されているとされる。
サナリィが開発したクロスボーンガンガムのフルクロス装甲に非常に近い機構であり、機体開発同様サナリィの技術協力の可能性が見られる。

  • メガビームシールド
Iフィールドと疑似オールレンジ攻撃を繰り出せる3基のバリアビットを内臓する実体型シールド。V字部分から同型のビームを発射可能。
  • メガビームライフル
Vダッシュが装備していたビームスマートガンの発展型。通常出力でもビームスマートガンの2倍以上の火力を持つ。
  • ヴェスバー
Variable Speed Beam Rifle=可変速ビームライフルの略称。ガンダムF91と違ってバレルが開放型になっているが、取り外しての運用も可能。


V2バスターガンダム

V2-BUSTER GUNDAM


砲撃特化型のバスターパーツを装着した機体。中・長距離に対する攻撃力が飛躍的に向上するが、同時に運動性が低下するため近距離での戦闘に向かない。
アサルト装備同様、追加スラスターは一切もたない。

追加武装

  • メガ・ビーム・キャノン

機体の右側に装備された長砲身のビームキャノン。遠距離から戦艦のビームシールドを易々と貫く威力を有する。
ミノフスキー粒子下における戦闘では、長距離狙撃兵器は本来ナンセンスだが、本機の精密射撃機構とパイロットの類稀なセンスにより、戦線後方に位置する戦艦を幾隻も撃沈するという多大な戦果を挙げた。(劇中の「ウッソは思ったより艦を墜としていない」という台詞は、逆説的に本機の超高性能を物語っている。)

  • スプレー・ビーム・ポッド
機体の左側に装備された拡散ビーム砲。主に近・中距離における防御手段として使用される。スコープと連動させるとマルチロックオンが可能となる。
  • マイクロミサイルポッド
1基あたり18発を内臓。これを機体各所に計6基装備する。


V2アサルトバスターガンダム

V2アサルトバスター


アサルトとバスターのパーツを同時に装着した状態。所謂「全部乗せ」状態。
元々、両パーツは互いに干渉しない設計となっており、同時に装着することが可能となっている。
両形態の良い所取りのように見えるが、追加パーツによって自重が増加しているため格闘戦が不得手。
劇中の最終決戦で使用された際にはマイクロミサイルポッドとメガビームライフルが装備されていなかった。加えて野戦換装を行ったため、エネルギーが機体各部に行き渡らず本来の性能を発揮できなかったとされる。
そのような不完全な状態であっても、敵艦隊の厚い防衛網に「単機」で強行突入し、装備の破損と引き換えとはいえ多数のモビルスーツを撃墜、敵艦を撃沈した上でV2本体はほぼ無傷で帰還するという、規格外の戦果を残している。

スーパーロボット大戦」や「Gジェネレーション」などでは機動力の低下と引き換えに火力が大幅に上昇する最強クラスの形態とされる。
余談ではあるがガンダムの名称としては16文字とトップクラスの長さをもつ(上はガンダムアシュタロンハーミットクラブの18文字)。

セカンドV

SECOND-V


小説版にV2の代わりとして登場する機体。
Vガンダムの背部(コア・ファイター)に外付けのミノフスキードライブユニットを追加した改造機。V2ガンダムのプロトタイプに位置する。
月面都市セント・ジョセフ近くの秘密工場・コードネーム「テクネチウム」で試作された。

基本フレームがVガンダムと同じである為、最大推力を出すと機体が空中分解するという欠点が存在する。
三倍にも増大した出力によってテール・ノズルと補助スラスターが強化され、肩と膝の装甲も大型化されているが、結果として自重が増加してしまい、格闘戦が不得手になってしまっている。
追加装備としてメガ・ビーム・キャノンとミノフスキー・シールドを装備しているが、これらの装備はミノフスキー・ドライブ搭載による出力強化によって使用可能となったものであり、他の機体が使用した場合ジェネレーターに過負荷がかかり最悪の場合誘爆する可能性も示唆されている。

余談

胸部と頭部にVが2つ並んだデザイン、光の翼などは本機を象徴するビジュアルとして、今なお人気の高い機体でもある。
一方で、機動戦士Vガンダムの監督富野由悠季はそのビジュアルが「玩具っぽい」という理由から、セカンドVに差し替えられている。
特撮番組『仮面ライダークウガ』に、V2ガンダムの1/100ハイグレードのプラモデルが小道具として登場している。

関連イラスト

V2アサルトバスターガンダム
V2ガンダム


V2ガンダム
V2ガンダム


関連項目

機動戦士Vガンダム
ガンダム Vガンダム ガンイージ リガ・ミリティア ウッソ・エヴィン

pixivに投稿された作品 pixivで「V2ガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 257011

コメント