ピクシブ百科事典

VNV

ぶいえぬぶい

VNVとはビジュアルノベルバージョンの略称。同人サークル「七転がり八転がり」から発売されたホラーゲーム「アパシー学校であった怖い話1995」のこと。
目次[非表示]

VNVとはビジュアルノベルバージョンの略称。

概要

飯島多紀哉(旧名:飯島健男)主催の同人サークル「七転がり八転がり」から発売されたホラーゲーム「アパシー学校であった怖い話1995」のこと。

内容

1995年に発売された「小説 学校であった怖い話」をビジュアルノベル化した作品である。
同人版アパシーシリーズとしては初めてのゲーム作品。
内容は1995刊行時の内容とほぼ同一。選択肢のない一本道の作品。
同時収録は「恵美ちゃんの坂上君観察日記」。SFC版のBGMが使用されている。
ミッドナイトコレクション1に収録された「関西弁パッチ」使用でシナリオが関西弁仕様になる。

新装版

BGMの差し替えと縦書き表記を横書き表記へと変更。片霧烈火によるエンディング・テーマ追加。
一枚絵が多数追加されており、新シナリオ「岩下明美が語る飴玉婆さん」が収録されている。
仕様の変更で関西弁パッチは適用されなくなった。

収録シナリオ

ワタシの人形
新堂誠「高木ババア」
荒井昭二「ゲーマーの条件」
福沢玲子「あなたは幸せですか?」
風間望「かぐわしきにおひ」
岩下明美「偽りの愛」
細田友晴「魅惑のトイレ」

七話目「学校であった怖い話」
・OP・七話目を除く語り部シナリオ六話は選択肢などを追加したうえで特別編で再収録されている。
「恵美ちゃんの坂上君観察日記」
・PS版の女主人公倉田恵美の大幅な性格変更による新たなキャラクターのお披露目的シナリオ。
ミッドナイトコレクション1に続く予告編的な位置づけの短編。
「岩下明美が語る飴玉婆さん」(新装版)
・飴玉婆さんはもともとはSFC・PS版の新堂誠のシナリオ。
語り手が岩下明美に変更された上で、内容は完全新規シナリオとなっている。

その他

・荒井昭二のシナリオ内で登場するゲーム「スクールデイズ」の名称は1995年刊行時から使用されているもので某作品のタイトルとの一致は偶然。
・BGMの差し替えは本来SFC版およびPS版の楽曲の著作権が発売元であるバンプレストにあるため、継続した使用は難しいということから変更された。作曲者渡部陽子氏によってアレンジ版のBGMが七転がり八転びより限定商品として発売されたが、ゲームでは使用されていない。

関連タグ

学校であった怖い話 アパシー 特別編 同人ゲーム

pixivに投稿された作品 pixivで「VNV」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1143

コメント