ピクシブ百科事典

WALL-E

うぉーりー

ピクサーとディズニーが製作したCGアニメーション映画。日本では2008年12月5日に公開された。
目次[非表示]

2008年に公開された、ピクサーディズニー製作の長編CGアニメーション映画。
監督脚本アンドリュー・スタントン
製作総指揮ジョン・ラセターピート・ドクター

第81回アカデミー賞:長編アニメ映画賞、第66回ゴールデングローブ賞:アニメ賞を始め、数々の映画賞に輝いた。

ストーリー

近未来、ゴミに溢れた地球を見限った人類は宇宙船「アクシオム」に乗り込み、地球のゴミ処理をWALL・Eという名のロボット達に任せて地球が再生するまでの間宇宙で暮らすようになった。
そして時は過ぎて29世紀。地球には最後の一台であるWALL・Eが健気にゴミを処理して暮らしていた。彼は長い年月を経て感情が芽生えており、ゴキブリの友達HALLと一緒に悠々自適な生活をしていた。そんな彼の願いは他の誰かと手をつなぐこと。
ある日、地球に宇宙船がやってきた。その中から現れたのは白く輝く美しいロボットEVE。
WALL・EとEVE、この二人の出会いから物語ははじまる・・・・。

主な登場キャラクター

WALL・E(吹き替え横堀悦夫

うぉーりぃー。


名前の由来はWaste Allocation Load Lifter Earth-Class(ゴミ配置積載運搬機地球型)の略称。ゴミを圧縮して処理するロボットである。ちなみに彼は地球で稼働している最後のWALL・Eである。好奇心旺盛でちょと寂しがりやさん。
本来は意志をもたないタイプのロボットなのだが長い年月を経て自我が芽生え、感情豊かになった。ある日出会ったEVEに一目惚れしたことから色んなトラブルを巻き起こすことになる。

EVE(同上:園崎未恵

イヴたんの可愛さったら


名前の由来はExtraterrestrial Vegetation Evaluator(宇宙からやって来た植物探査機)の略称。植物の探索のために地球にやってきた最新型ロボット。感情豊かで少々乱暴だが、真面目で優しいロボットである。何故かえらく強力な武器を持っている。

AUTO(同上:江原正士

オートの かいてんこうげき!


詳しくはオート参照※ネタバレ注意
巨大宇宙船アクシウムの自動操縦装置。
EVEを地球に送り込み、調査を行っていたが……


関連タグ

ディズニー ピクサー アンドリュー・スタントン

pixivに投稿された作品 pixivで「WALL-E」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 370167

コメント