ピクシブ百科事典

avatar

あばたー

『アバター』とは、2009年に公開されたジェームズ・キャメロン監督の映画。
目次[非表示]

アメリカのテレビアニメ『Avatar: The Last Airbender』については「アバター伝説の少年アン」を参照。

あらすじ

西暦2154年、エネルギー問題により地球は衰退しようとしていた。惑星パンドラには問題を解決する鉱物アンオブタニウムが豊富にあり、これを求めて地球人はパンドラを開拓しようと踏み入ったが、ナヴィという青い肌を持つ原住民と対立。地球の科学者は彼らとコンタクトを取るため、地球人とナヴィのDNAを掛け合わせた擬似的なナヴィの身体(=アバター)を作り出した。
地球で車椅子生活を送っていた元海兵隊員のジェイクは、強盗に襲われて死んだ双子の兄の代わりにパンドラに招聘される。兄のDNAを使って作られたアバターを操作できるのは、他には双子の弟のジェイクだけであり、ジェイクもまた、半身不随となった体の治療のために報酬が必要だった。
パンドラでナヴィの体を手に入れたジェイクは、久しぶりに二本の足で立ったことに歓喜し、パンドラの驚くべき自然を目の当たりにする。そして科学者のグレイスらとともにパンドラの調査を行うが、原生動物に襲われ、はぐれてしまう。そこでジェイクは、ナヴィの娘ネイティリと出会う。ネイティリはスカイ・ピープル(=地球人)を自然に溶け込もうとしないとして叱咤するが、ジェイクは元海兵隊としての体力を活かしてナヴィの野生的な文化を学ぼうとする。
パンドラでの修行を経て、ジェイクはナヴィの部族に認められ、ネイティリからも心を許されるようになる。そしてジェイク自身も、ナヴィとしての生き方に大きな喜びを感じていた。しかしジェイクの任務は、地下に大量のアンオブタニウムが眠るホーム・ツリーからナヴィたちを立ち退かせることだった。

概要

キャメロンが『タイタニック』以降、構想を練り続けていたSF冒険活劇。2Dと3Dの両バージョンが公開されたが、本国アメリカでは公開後39日で『タイタニック』の興行収入を抜き記録を更新、日本では公開5日間で約13億円を稼ぐ大ヒット作となった。現在、世界興行収入記録第1位。3D映画の到来を印象付けたという意味でも、映画史的に重要な作品。

アメリカでは、登場する地球人と先住民族ナヴィの利害関係や世界観の違いなどが作る構図が「アメリカ大陸入植者らとネイティブアメリカンらのそれ」に似て見えること、そして最後には先住者に地球人らが撃退される結末であること、非常にキリスト教的“ではない”作風であることなどで議論をかもしたそうな。

キャスト

役名配役日本語吹き替え
ジェイク・サリーサム・ワーシントン東地宏樹
ネイティリゾーイ・サルダナ小松由佳
グレイス・オーガスティン博士シガニー・ウィーバー弥永和子
マイルズ・クオリッチスティーヴン・ラング菅生隆之


スタッフ

監督・脚本 - ジェームズ・キャメロン
製作 - ジェームズ・キャメロン / ジョン・ランドー / ジョシュ・マクラグレン
製作総指揮 - コリン・ウィルソン / レータ・カログリディス
音楽 - ジェームズ・ホーナー
主題歌 - レオナ・ルイス「I See You」
撮影 - マウロ・フィオーレ
編集 - ジェームズ・キャメロン / ジョン・ルフーア / スティーヴン・E・リフキン
製作会社 - ライトストーム・エンターテインメント
日本語字幕 - 戸田奈津子
配給 - 20世紀フォックス

関連タグ

映画 / 洋画 / アメリカ映画 / SF映画 / 映画の一覧
アバター

外部リンク

映画「アバター」オフィシャルサイト
アバター (映画) - Wikipedia
アバター - allcinema

pixivに投稿された作品 pixivで「avatar」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2123140

コメント