ピクシブ百科事典

nimoca

にもか

西日本鉄道(西鉄)他が発行するICカード乗車券。
目次[非表示]

nimocaは、西日本鉄道西鉄)が発行するICカード乗車券。

概要

2009年より導入開始。
Nice Money Card」 の略称で、「Ni」は「Nishitetsu」の「Ni」でもある。
マスコットキャラクターは「フェレット」で、名前は特に付いてはいない。

2010年より福岡市営地下鉄はやかけん」、JR九州SUGOCA」、JR東日本他「Suica」と相互利用可能となっている他、福岡県の一部(福岡市、糸島市)と佐賀県北部を営業エリアとする昭和自動車(昭和バス)や、JR九州バスの直方線でも順次利用可能になっている。また、大分県内のバス会社(大分交通、大分バス、亀の井バス)において同システムの「めじろんnimoca」が発行されている。
なお、同じ大分県内のバス会社日田バスでは、西鉄発行のnimocaが利用されている。また、日田バスでは高速バス【「ひた号(全便)」と、「とよのくに号」・「ゆふいん号」・大分‐長崎線「サンライト号」・福岡‐黒川温泉線の日田バス担当便】と一部の一般路線【日田市内循環バスひたはしり号】のみ利用可能である。

2013年3月からは交通系ICカード全国相互利用サービスが始まり、nimoca利用可能エリアでもJR北海道Kitaca」・首都圏私鉄およびバス「PASMO」・JR東海TOICA」・名古屋鉄道および名古屋市交通局manaca」・JR西日本ICOCA」・近畿圏私鉄およびバス「PiTaPa」が利用可能となった。(ただし、PiTaPa」は電子マネー機能は利用できないので注意

なお、2014年3月からは熊本市交通局(熊本市電)でも利用可能となり、「でんでんnimoca」が発行された(全国相互利用サービス対応)。しかし、九州産業交通をはじめとする熊本市内のバス会社各社は別のICカード(熊本地域振興ICカード【くまモンのIC CARD】)を発行し、全国相互利用対応カードについては片利用対応とした(ただし、「でんでんnimoca」を導入している熊本市電のみ相互利用)。

2015年3月から筑豊電気鉄道で、2015年11月から宮崎交通でも導入された(筑豊電気鉄道は新規で。宮崎交通は従来からあったICカードからの更新で。)

2017年3月に函館市企業局交通部(函館市電)と函館バスにも導入される予定。名称は「ICASnimoca」(イカすニモカ)で、九州以外の事業者では初導入となる。(もちろん全国相互利用対応である)。

2017年春には佐賀市交通局(佐賀市営バス)にも導入予定。佐賀市内においては先に導入済みの西鉄バス佐賀とともに利用できることになる。


関連イラスト



関連タグ

ICカード SUGOCA Suica はやかけん
西日本鉄道 西鉄
福岡県 福岡
めじろん(大分県版nimocaのキャラクター)

pixivに投稿された作品 pixivで「nimoca」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17983

コメント