ピクシブ百科事典

postal2

ぽすたるつー

ポスタル2とはRWS(ランニングウィズシザーズ)が制作したPCゲームである。
目次[非表示]

概要

PCでのみ発売されているFPSのお使いゲームである。
パラダイスという街を舞台に主人公のポスタル・デュードが妻から頼まれたお使いをこなしていくというストーリー。
しかしそのお使いをこなしている最中、行列や強盗等のストレス要因が度々発生する。
介入する気が一切ないなら無視してもいいし、我慢ならないなら大暴れしてもいいというゲームであり、結果はプレイヤー次第で大きく変わる。

  1. スーパーにミルク($5)を買いに行く。
  2. レジ前に長い行列ができている。
  3. 素直に並んでもいいし、時間が惜しいなら蹴飛ばして全員どかしてもいい。あるいは店員を射殺してミルクを無料で手に入れることもできる。


ほかにもチャック全開で放尿も可能と、正にやりたい放題である。
ただ、酷く暴力的な描写や不謹慎なジョークが数多く存在するため、いわゆる「残酷ゲーム」として名指しで非難されることも少なくない。

登場人物

ポスタル・デュード

本作の主人公、元殺人鬼。
近くのスーパーに行くのにも拳銃を持っていくというイカれ野郎。
ビデオゲームが嫌いと公言しているが、何故かRWSに勤務している。

デュードの妻

毎日デュードにお使いを押し付けて来る「クソ女房」。
デュードに負けず劣らずの性格の悪さを誇る。
ゲーム中に姿を見せることは無いため、容姿は一切不明だが、後述の実写映画ではとてつもないクソデブ女として登場する。

チャンプ

デュードの飼い犬。
ゲームが始まって早々デュードに小便をひっかける。

クロッチー

パラダイスシティで大人気のキャラクター。
見た目がキ○タマそっくりだが、キ○タマのくせにラスボス級の耐久度を誇る。

デイブおじさん

デュードの叔父でカルト宗教家。

敵対組織

ゲーム反対運動家

デュードの勤めるゲーム会社の前でゲームの規制を訴えている団体。
日本語版では暴力ゲーム反対運動家という名前になっているが、実際はゲーム全体の規制を要求している。
「脳が溶ける」と叫んでいるあたり、どうやらゲーム脳を信じているらしい。

本反対運動家

図書館で木を守るために本を燃やせと主張している団体。
これまた日本語版では図書館反対運動家となっているが、やはり本自体の規制を要求している。

お肉屋さん

パラダイス唯一の肉屋「Meat World」の従業員。
店内は狭いが加工場は結構広く、中ではエラいことになっている。

テロリスト

見た目が完全にムスリムなテロリスト、男の方の見た目はアレそっくり。
異教徒を嫌っており、教会を乗っ取ってモスクにしてしまうなど、騒動を引き起こす。

MOD

Week in Paradise

ポスタル2とウィークエンドを一つにまとめるMOD。
月曜日から日曜日まで続けてプレイできるようになる他、月~金曜日でもウィークエンドの追加武器が使えるようになる。
また、欠損描写の改良や武器の追加、NPCのバリエーションの増加等も含まれている。

Eternal Damnation

Resurrection Studiosというチームが作成したMOD。
元のポスタル2とは違い、ステージクリア型のホラーゲームになっている。
武器にチェーンソーやバットが追加されている。

シリーズ

ポスタル

記念すべき第一作目。
箱庭で主人公を操り、武装、非武装かかわらずある程度殺せばゲームクリアというトンデモゲーム。
精神世界を意識したとされるアナログなタッチは、内容からすればさほどグロくはないのだが、「死」を記号のように扱う内容なので、むしろグロくないことが本作の特徴を際立たせているとさえ言える。
日本国内では「全米発売禁止」がセールスポイントとなったなど、ありえない理由で知名度が上がったタイトル。
ステージはパレードやデパートなど明らかに銃をぶっ放してほしくないところばかり。
さらに追加パッチで秋葉原、道頓堀、さらに日本語音声も付いてくる。
ご購入の際は、ゴールデンパックなどでポスタル2と一緒に入っているので、そちらをご購入ください。

ウィークエンド

ゲーム本編では描かれなかった、土曜日、日曜日を描く作品。
内容はもちろん、お使い型、しかしそれでも内容は色々ぶっ飛んでいる。
自由度は低くなっており、一本道。
その代り、武器にスレッジハンマー、マシエト(鉈)、サイズ(大鎌)が追加されており、ゾンビや新しい敵も追加されている。

ポスタル2・ロシアより愛をこめて

パワーアップキットとは違い、単品で売られている。
舞台はロシアに代わり、物語の目的はデュードのなくなったナニを探す物語である。
新たにパチンコ、悪臭ソックス、フライパンが武器に追加された。

Postal3

2011年12月発売。前作とは違い、三人称視点になっている。
プレイヤーの行動次第で善と悪にストーリーが分かれる。

Postal(映画)

2008年に公開された実写映画。日本では劇場未公開・ソフト未発売。
監督はアローン・イン・ザ・ダーク等で原作クラッシャーと呼ばれたウーヴェ・ボル。
初っ端から9.11のパロディが出てくるなど、原作よりも遥かに不謹慎なネタが使われている。
そのためか評価も散々で、試写会では観客の大半が途中退場してしまった。
しかしホーボーケン国際映画祭では作品賞と監督賞を受賞しており、評価する声が無い訳ではない。

Postal Paradise Lost

2015年4月15日に発売したposal2用DLC。
本作品はウィークエンドの11年後パラダイスが舞台。
いなくなった愛犬チャンプを探すため砂漠と化したパラダイスでの探索が始まる。
新しい武器としてレバーアクションショットガン、リボルバーなどが追加された。

Postal Redux

2016年5月21日発売。初代ポスタルをリメイクしたゲーム。
初代にはなかった実績や新しいゲームモードなどが収録。

pixivに投稿された作品 pixivで「postal2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22396

コメント