ピクシブ百科事典

wiki

うぃき

wikiはインターネット上の文書編集システムのひとつ。
目次[非表示]

概要

 「Wiki」とは、ブラウザ利用してサーバー上のハイパーテキスト文書を書き換えるシステムの一種。または、システムに使われるソフトウェア自体や、システムを利用して作成されたWebサイト全体を指す。
 ちなみに語源はハワイ語の「Wikiwiki(「速い」「急ぐ」「形式張らない」などの意)」で、「ページ更新が速く行われる」という意味が含まれている。開発者の1人であるウォード・カニンガム氏が、ホノルル国際空港(現、ダニエル・K・イノウエ国際空港)内で運行されている「Wiki Wiki Shuttle」というシャトルバスを見て命名したとされる。
注意 : Wikipediaの略ではありません!(外部リンク)

特徴等

 これらのシステムの特徴として通常のWebサイトやブログ等と異なる点は「基本的に各種権限を多数の人間に与えることができる」「変更点を第三者が確認可能となっている」「一定の権限を持つ人間がある程度の内容を編集することができる」「それらの権限はいくつかの段階に分かれ、上位の段階では他社の編集等に制限等もかけることができる」点にあり、共同作業に向くシステムである。
 一般的には閲覧するのはインターネット上のほぼすべてが可能であるが、編集に関しては「メンバーのみ」あるいは「非メンバーでも編集できる」の二種類が存在する。
 これらの特色のため、掲示板や商品の状況や修理の方法などの情報をまとめるまとめサイトや、ゲームなどの攻略サイトの作成にも使われている。
 なお、現在あなたが閲覧しているpixpediaもこのシステムで運営されている。
 ただし、これらのサイトには内容の信憑性を担保するシステムがなく、ユーザー、特に管理者の意向により偏向した内容になる、管理人仕事しない荒らしが跋扈しスパム状態になったり、誹謗中傷しかなくなったりする、サーバーの容量とユーザーの活動量がマッチしておらず、閲覧すらまともにできなくなるなどの問題点が指摘されている。
 なお、これらのサイトの管理者という人々には3つ存在し、サーバーの管理者、システムを設置したユーザー、彼から管理者とされた人であり、権限が異なるため注意費が強う。

代表的なサイト( 百科事典サイト系 )

 このシステムを用いたサイトのうち、百科事典形式のサイトのうち、有名なものをここに上げる。

  • ウィキペディア……最も有名と思われる、MediaWikiを用いた百科事典サイト。多言語展開を行っており、「中立性」「独自研究禁止」「検証可能性」「大言壮語はしない」などの初心者にはわかりづらいルールが存在し、ウィキメディア財団が利用者からの寄付金のみで運営している。姉妹サイトに辞書である「ウィクショナリー( 外部リンク )」やニュースを扱う「ウィキニュース( 外部リンク )」などが存在する。日本語版は利用者数に比して運営者が少ないことが指摘されているほか、大きいがゆえ反感を持つ人も多い。
  • アンサイクロペディア……ウィキペディアのパロディサイトネタを挟んだ記事を書いた上で、そのユーモアを運営サイドに認められなければ速攻で削除される、また似たような内容の記述が複数の記事で重複すると「整理」「掃除」などと称した大規模な削除大会が開催されるなど簡単なようで実はとても難しいwiki。有名なルーデルの記事も結局はネタを挟みまくった結果である。ただ、一時期ほどではないもののサーバーが貧弱、ネタとdisの区別がついていない記事・記述が多々あることが問題にあげられる。
  • Chakuwiki……一刀氏が運営する個人サイト『借力』のMediaWiki版。メインページには「バカが、バカなテーマで、バカな情報を集める場」と記載されている。このコンセプトと「過去の編集の改変禁止」というローカルルールがあることから、電子掲示板っぽさも持ち備えている。ただ、その改変禁止のルールが災いし、例えどんなに稚拙な内容の文面であっても他者による推敲すら許されないというジレンマを抱えているのが最大の問題と言える(但し明らかな誤字脱字の場合はその限りではない)。
  • ニコニコ大百科……kadokawaが運営するニコニコ動画の付属サービス。方針としてはウィキペディアとアンサイクロペディアの中間あたり。内容上動画関連の記事やアニメや漫画に関しても強いが、他サイトに比べHTMLが使いやすい、サイト自前のMMLやペイント機能があり、これらを使った投稿ができることから、かなり凝ったデザインの記事も多い。ただ近年では、読み込みが遅い、待った挙句503エラーが返ってくるなどサーバーに難が出てきてしまっている。
  • アニヲタwiki(仮)……もともとは冥殿氏運営の個人サイト「アニヲタの集い(外部リンク)」の一コンテンツ。2012年に同サイトが閉鎖された後@wiki上に移転し、散逸した旧wikiの記事サルベージを行いながら発展していった。アニメ関連のコンテンツに定評があるが、逆に言えばそれに偏ってしまっている。
  • はてなキーワード(外部リンク)…はてなダイアリーはてなブックマークなどを運営するはてなの一コンテンツ。編集にははてなダイアリーで一定程度の編集が必要。現状では記事の長さが全体的に短くてその質も低く、今後の発展が期待される。
  • ユアペディア……ウィキペディアの方針に反感を持った運営者により設立され、編集者もウィキペディアから追い出されたり、反感を持って飛び出した者が多い。出典不要で規制もほとんどないが、ソース=俺で書く者も多く、また編集者の意見が強く他人がいじれないため時折誹謗中傷と受け取られかねないことが書いてあることも。
  • ウィキリークス……匿名のままWikiを用いて各国政府、大企業、宗教などに関する機密情報を暴露するウェブサイト。スウェーデン人のジュリアン・アサンジ氏により設立された。世界規模で見ればウィキペディアと双璧を成すほど著名なサイトでもある。なお、一般に報じられるのは英語版への投稿で、正式な日本語版の存在は一切明かされていない。
  • ピクシブ百科事典……ここ。pixivでよく使われるタグの解説が多く、カップリング関連も強い。他の百科事典系Wikiよりアニメ漫画ゲーム関連が充実しているが、colorや脚注がないなど、書法が少ない、また運営も他の百科事典系Wikiよりも微妙な点が課題。

主なシステム

 この項目ではサーバにて使用するプログラム、あるいはそのシステムをレンタルできるサイトなどを記述する。

プログラム

 これらはサーバにおいて使用され、なおサーバではない個人のPCでも該当の言語が走る場合使用できることもある。
 基本的にこのプログラムはソースが公開され、ライセンスフリーに近いもので公開されていることが多い。

  • TWiki……Perlにて記述されており、データベースもなくても動く。管理機能が充実しているため特に企業が使うことが多いとされる
  • YukiWiki……日本人が作成したWikiクローン、Perlで記述。後述するPukiWikiのもととなった。
  • MoinMoin……ウィキクローン( もともとのプログラムであるwikiwikiwebのクローン )の一つ、pythonで記述されており、データベースも不要らしい。欧米ではメジャーとされる。
  • MediaWiki……PHPにて記述されており、データベースを用いる。Wikipedia等を運営するウィキメディア財団がリリースしており、自らのニーズに合わせるようにバージョンアップがなされているが、他のサイトでも使用されている。
  • PukiWiki……先のYukiWikiをPHPに移植したもの。派生がいろいろ存在したり、携帯電話からも利用できたりする。また、データベースも必要としない。プラグインに定評がある。

レンタル

 個人でWikiを利用する場合、サーバを立ち上げるかレンタルしたうえで上記プログラムを導入する必要がある。これはかなり手間のかかる作業である。
 そこで、フリー、あるいは安価に個人が使用できるWikiを準備可能なサービスを行っている会社や個人が存在している。この運営元も管理者として扱われることがある。
 これらのサイトは広告により成り立っている。

  • Seesaa Wiki( 外部リンク )……旧livedoorWiki。ブログレンタルのSeesaaが運営する。
  • @wiki( 外部リンク )……和歌山県にある「アットフリークス」社が運営。開設までの手順が簡単なためか2ちゃんねるのまとめウィキや攻略ウィキに使われることも多かったものの、2013年個人情報漏洩をやらかしたり、けつの穴が小さいため客離れ( 例としてニンジャスレイヤーまとめウィキはwikiwikiに移転 )が起きたほか、スマホ版はメニューが常時表示されないか画面一番下部にしか出ないなど、少し使いづらい。
  • wikiwiki( 外部リンク )……ソフトはPukiWiki Plus!( Pukiwikiの派生版 )。顔文字アイコンが使えるほか、携帯版はメニュー常時表示という点ではアットウィキよりは使いやすい。ただ、レンタルサイトサービスとしての勢力は弱め。
  • FC2Wiki( 外部リンク )……アダルト関係とかレンタルサーバとかいろいろやっているFC2が運営するレンタルサイト。Webサイトや電子掲示板とIDが共通であり一括管理も可能である。

表記ゆれ

ウィキ

関連タグ

インターネット webサイト
プログラム サーバー
百科事典

pixivに投稿された作品 pixivで「wiki」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21125

コメント