ピクシブ百科事典

【メンタル弱めの流れ星事案】

かべにあたったらしぬりきし

ジェット噴射でホバリング移動する壁にあたっただけで死んでしまう儚い力士の目撃情報。
【灯火の国テテレスタ】メンタル弱めの流れ星事案【クエスト】



灯火の国・テテレスタにおいて目撃される謎の力士。

移動は主にジェット噴射で横移動。
低空飛行から高空飛行、自由自在に飛び回り、
一瞬視認できるかできないかの猛烈な速度で移動する。

移動時の噴火(移動エフェクト?)から「魔法を使う」として、
テテレスタでは魔族とされているが、その正体は未だに不明。

これまでに複数の力士の死体の発見報告があることから、そういう生態のマモノなのではないかともいわれている。

その圧倒的な移動能力、戦闘民族であることを誇張するような衣装と強靭そうな肉体から、
勘違いされがちではあるが、彼は土俵の外では実に無力である。

その証拠に、木や壁に誤って衝突してしまった個体は即死しており、
両親の離婚、クラスメイトの嘲笑、告白してきた女の子にOKしたら罰ゲームだからごめんねといわれた、大好きだった姉の結婚、などの人生の壁にぶつかった個体ももれなく即死している。

そのあまりに儚い生命力から、かつては保護すべきだとの声もあがらなくもなかったが、
壮絶な追跡の末にようやく保護された個体が、「捕獲される」という人生の壁にぶちあたることで即死してしまったことから、力士の保護は断念された。

保護計画から数百年がたち、(力士たちも警戒するようになったのもあり)
現在、テテレスタ住民の記憶から力士のことは消え去っている。

pixivに投稿された作品 pixivで「【メンタル弱めの流れ星事案】」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28736

コメント