ピクシブ百科事典

【WTTW】

うぇるかむとぅざわーるど

正式名称はWelcome to The World。「ルーン」という世界を舞台にしたファンタジー系のんびり生活型企画。開催期間:2013年3月1日~現在は終了済み。
目次[非表示]

企画概要

ルーンという世界を舞台にしたファンタジー企画。
ルーンは未開拓の地が広がる世界であり、世界観は一部に機械技術など近代・未来文化含む中世ヨーロッパ風ファンタジー。
未開拓の地が広がっているため、完成したワールドマップは存在しない。
のんびり気ままな生活交流企画だが、公式物語も用意されている。

一応タグ分けしていますが、NLはもちろんBL・GL・R18も可能となっております。
18歳未満の参加者は出来るだけご遠慮ください。
※18歳未満の方も参加可能ですが、上記の交流などで嫌な気持ちになっても、それは自己責任です。

※注意※この企画の要素は漫画やゲームから取り入れています。
故郷世界&種族…サモンナイトシリーズ、他。
アイテム…テイルズシリーズ。
クラス(錬装士)….hack//やフェアリーテイル。
恋愛イベント…牧場物語やルーンファクトリー。

あらすじ

「ルーン」と呼ばれる世界に住む者達。しかしその者達は、その世界の住人ではなかった。
ルーンには異世界から生物を呼ぶ力があり、ほとんどの住人達は召喚されてきた者達だった。
そんなルーンにはかつてヒトと近い生物が存在していた痕跡が残っている。
それが「刻の石版」と呼ばれる大きな石版である。石版の近くには碑文があり、こう書かれていた。

太陽の刻 始まる
  光現れ 大地を照らす

我らの罪 深き地で眠る
  八つの宝と一つの鍵
    呼応して 天に祈る

太陽の刻 終わる
  闇現れ 世界を食らう

我らの魂 根ざす塔で眠る
  刻に命を与えて 光待つ
    終焉の日まで 光待つ

この碑文と石版を対象に研究が行われているが、この文の意味を解読されていなかった。
しかし年月が経つにつれ、一定速度で回り続けていた石版の速度が落ちてきていた。
今ではいつ止まってもおかしくない状態であった。
石版と碑文が持つ意味とは―――…

関連タグ

交流企画

pixivに投稿された作品 pixivで「【WTTW】」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 103873

コメント