ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要


死神少女鳳(境界のRINNE)とその契約黒猫の朧(境界のRINNE)のCPを指して「おぼあげ」と表記する。ただ、何故漢字ではなくひらがななのかと問われれば、多分PCで「鳳」を漢字に変換できなかったからではないかと考えられる。

りんねアニメ2期!



本編での描写

幼少期

この二人の関係は単なる雇用被雇用の契約関係ではなく、まだほんの幼少時代から共に過ごしてきた幼馴染でもある。
まだ契約を結ぶ以前は(喧嘩もしていたが)鳳は朧をかわいがっており、仲睦ましい様子であった。
しかし物心ついたころには朧は鳳のことをよくからかうようになり、それもあってか二人は乱闘交じりの喧嘩をするようになったらしい。

関係の悪化

契約を結んだあとの初陣でアナコンダ霊を迎えに行く任務に行った際、鳳がヘビが苦手なことを知った朧は捕獲した霊で脅かす。それに抵抗した鳳は爆弾を投げつけ、朧は崩落した岩に実に1年の間も閉じ込められてしまった。
自力で脱出に成功した(アニメ版。原作ではどのように出てきたかは不明)彼は鳳への仕返しをもくろむのと同時に彼女に謝罪を要求し、実に険悪な形での再会となった。

朧
もうすぐアニメ二期



その際、契約破棄だなんだのと大騒ぎをしてはいたが、朧は岩に挟まらせたことについては本気で怒っていたものの実は契約破棄する気はなかったようで、わざと逆のことを言って鳳に引き留めてほしいと思っていた。
ところが彼の口の悪さも相まって鳳は真に受けてしまい、あの世から脱走したマングース霊に取り込まれたのをきっかけにミサイルで朧に契約書を送り付け、破棄していいと告げる。

その契約書が本物かどうか確かめるため鳳(とりんね)のもとに向かうとなんと本物であったことがわかり、更に動機を聞いた彼は幼少期からの自分との関係をあっさり手放した鳳に詰め寄るも、「あんたは私のことが嫌いなのでしょ?」と一蹴され、自分の気持ち(=本当は好きで、契約破棄したくない)が全く伝わってなかったことを悟る。

修復

この一連のやり取りで桜とりんねは2人の気持ちがすれ違っていることに気づく。
りんねに死神と黒猫に必要なのは信頼関係だと諭され、鳳も自分のことを顧みて今までのことを謝り、めでたしめでたし…

とはいかず、結局これが新たな火種となってしまった。
とはいえ最終的にはお互い発散しきったようで、またパートナーに戻っていった。

色々あったが二人もお互いそれなりに気を許した部分もあるようだ、言うなれば(非公式ではあるが)二人は幼馴染ケンカップルといった、お似合い同士である。

また、この二人はどこかるーみっく主人公格CPに性質が似ている。

余談

NHK公式の記事でで朧役の松岡禎丞氏が「朧はツンデレで、鳳様のことが好き」と語っている。
恋愛感情のそれかどうかは別として、アニメ化前より公式扱いになったようだ。


登場作品

境界のRINNE


関連イラスト

るーみっくまとめ (ほぼ朧)
朧



別名・表記ゆれ

朧鳳

関連イベント

高橋留美子作品に関する二次創作物を出品する同人イベント「るーみっくぷちおんりー」と呼ばれるものが存在。しかしおぼあげに関しての作品があるかどうかは不明。

pixivに投稿された作品 pixivで「おぼあげ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64984

コメント