ピクシブ百科事典

くっ、殺せ!

くっころ

「くっ、殺せ!」とは気高い女騎士がオークなどのモンスターや魔族に捕まった際に発せられるセリフ。もしくは、気高い姫騎士が自分をさっさと殺すように敵に言うセリフである。
目次[非表示]

もしかして→さっすが~、オズ様は話がわかるッ!

概要

大体の場合、敵の情けを受けて虜囚の恥を晒すよりは、潔く死んだ方がマシだという考えから、プライドの高い女騎士(もしくは姫騎士、または女戦士)が敵に対して「殺せ!」と言い放つ場合が多い。

大抵の場合は「殺すのは簡単だが、お前は人質として利用させてもらう」という展開が多い。

しかし、R-18作品(大体エロアニメやエロマンガや官能小説)では、「そんなイイ身体をしてるのに殺すのは勿体ない」という下衆な理由から生かされるケースが殆ど。そしてその後は『即堕ち2コマシリーズ』な流れになった上、大体女性側が人に見せられない顔にされて陥落してしまうという展開が大半を占めている。
他にもR-18と言う事を最大限に生かし、性的な意味で無い拷問を受ける場合なども有り、争いの醜さやその女性キャラの折れぬ心の強さを表現するように使われる事もある。

似たような言葉として「さぁ好きにしろ」と敢えて相手側に自分の処遇を委ねるケースも存在する。
この場合、多少の辱めを受けるのは覚悟の上で、まずはこの場を生きのびて逆転や挽回のチャンスを待つというものだが、だいたい結果は同じだったりする。

明確な元ネタははっきりしておらず、FFTのアグリアス・オークスなどいくつか候補が挙げられているが、いずれもそのものズバリの台詞を発した例は無い。
同人作家であるクリムゾン氏の漫画が元ネタであるという噂もあったのだが、これは本人がTwitter上で明確に否定した。
曰く、「私の描く女性は生への執着が強いので、殺せとは言わない」とのこと。くやしい…でも納得しちゃう(ry

起源は明らかでないものの、エロゲー、エロマンガ、イラスト集等で多用された結果、お決まりのシチュエーションとなり「くっころ」なる略称が定着するまでになった。
展開がテンプレ化してギャグ、パロディとか捉えられなくなる典型と言えよう。

余談、Twitterで「女騎士がオークなどに囚われてこの台詞を言うが、何故かオークの方が理性的で扱いに困惑する」というネタが大流行したことがある。
もしかして→いいオークの日

もう一つ余談。女騎士が「くっ、殺せ!」とは言うが自害を選ばない事にツッコミが入る件については、世界観的にキリスト教を想起させる宗教があることが想定され、自殺が禁忌とされていると思えば納得しやすいと思われる。

一応男性がこのセリフを言う場合もあるのだが、上記の女騎士関連の印象が強いためか、その印象を利用したギャグの描写として使用する場合がほとんどである。


関連イラスト

捕われた女盗賊のダークエルフ
くっ
くっ・・・殺せ・・・!
らくがき長門
はいはいくっころくっころ
姫騎士な依姫様
「しらせ」受難
【春コミ】きのこ虐め【サンプル】



関連タグ

女騎士 姫騎士 女戦士
オーク
ヒロピン ヒロインピンチ リョナ
ニラマレ
テンプレ 様式美 アミトス・アミテージ
戦うヒロイン

pixivに投稿された作品 pixivで「くっ、殺せ!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2877418

コメント