ピクシブ百科事典

ごめんね美奈ちゃん

ごめんねみなちゃん

ごめんね美奈ちゃんとは、ま☆くわによる成人向け漫画作品。未完。
目次[非表示]

作品解説

身を寄せ合って暮らす兄妹に魔の手が迫る。
幼い妹との近親相姦をじっくりと描いた長編。

COMICアットーテキにて1989年(平成元年)3月号から連載開始。
単行本は1990年に第1巻(1-9話)、1991年に第2巻(10-16話)、1992年に第3巻(17-26話)、1995年に第4巻(27-37話)、1998年に第5巻(38-44話)が一水社から発売され、後に電子書籍化されている。
4巻の後書きでは次巻での完結が予告されていたが完結には至らず、その後は続刊が途絶えている。

物語の開始は四月だが、以後、時節を読み取れる描写は登場人物の服装以外には無い。
美奈は5話から半袖になり、40話から再び長袖になる。

登場人物

若葉実

喫茶店「Jrx」で働いて妹を養う勤労青年。
両親を亡くしており、アパートに妹の美奈と二人で暮らしている。
洋子との初体験を前に美奈とセックスする夢を見てしまい、妹に複雑な感情を抱く様になる。
ある晩、居眠りしていた美奈を抱き上げた際に触れた胸の感触に欲情し、服を脱がして悪戯を始める。
挿入だけは思い止まり、素股で射精していたが、後に美奈から求められて一線を越える。
以後は近親相姦への抵抗は薄れ、妹とのセックスが日常になってゆく。
基本、中出し

若葉美奈

実の幼い
兄を強く慕っている内気な少女。
白いブラウスと赤いミニスカートを身に付けている事が多い。
背は低いが(2巻に掲載されている設定画では125cmらしい。小学校三年生女児の平均に近い)、杉本も認める様に発育は良い。ロリ巨乳
しかしながらブラジャーや肌着は着けておらず、ブラウスを開くだけでおっぱいが露になる。
1巻では、左胸に小学生らしい名札を付けている。
その次に通学を示唆する描写は4巻から出てくるが、名札は描かれなくなった。

2話で登場する以前に室生の手下二人に公園で強姦されている。
セックスの意味はよく分かっていないが、好きな人同士でしかしてはいけない事だと認識しており、その「好きな人同士がするコト」を自分の好きな兄以外の人間としてしまった事で、兄にも打ち明けられずに思い悩む。
実に夜這いされている事に気付いて兄も自分を求めている事を知り、強姦の件を実に打ち明ける。
その後、実と離れたくない一心で自ら「好きな人同士がするコト」を求める。
初めの頃は痛いだけだった挿入も回数をこなすうちに感じる様になり、美奈も徐々に兄とのセックスを楽しむ様になってゆく。

小沢洋子

実の同僚の二十代女性。
職場の先輩で、恐らくJrxの店長。
酔った実を自宅へ誘って童貞を奪い、付き合い始める(その後、実は美奈にも手を出す)。
過去に父親から強姦され、現在でも弟との肉体関係がある。
実に嫉妬した弟が美奈を強姦した事を知り、実に別れを告げて弟と共に街から去って行った。

結崎ひとみ

過去に実と付き合っていた、実や杉本と同じ学校の少女。
当時15歳。
室生に強姦されて街から消えてしまった。
5巻で再び実の前に現れ、改めて付き合い始める(実は美奈との関係も続けている)。

杉本

実の友人。
望遠鏡や盗聴器まで駆使する覗き魔だが、盗撮はしない。
家業の米穀店で働きながら実と美奈を影で見守っている。
3巻から真紀と付き合い始めた。

松阪真紀(マキちゃん)

実の同僚の眼鏡っ子
杉本からは年下に見られていたが、実際は1歳年長。
着替えを杉本に覗かれた事をきっかけに杉本と付き合い始める。

小沢睦夫

洋子の弟。
恐らく高校生。
室生にそそのかされ、姉を奪った実への復讐として美奈を輪姦した。

室生

かつて実の学校にいた教師。
変質者。
ひとみを強姦した事で実との因縁を持ち、睦夫ともう一人の手下を使って復讐を図る。
薬品の調合に長けており、自作した麻酔やローションを強姦に用いる。

関連イラスト



関連タグ

兄妹 近親愛 近親相姦 ブラコン ロリ 巨乳ランドセル 夜這い レイプ 寝取られ

関連リンク

DMM電子コミック (18禁)

TSUTAYA.com eBOOKs (18禁)

作者のpixivアカウント

コメント