ピクシブ百科事典

てーきゅう

てーきゅう

月刊コミックアーススターにて連載中の漫画およびTVアニメ。
目次[非表示]

概要

原作:ルーツ、作画:Piyo
テニス部の女子部員達による日常を描く。ジャンルは「スーパーハイテンションギャグコメディ」。
タイトルは「庭球」に由来する。月刊「コミックアーススター」にて連載中。

2012年3月連載スタートから10月に早くもアニメ放送スタートした。
コミックスは現在13巻まで発売しており、2017年8月10日に14巻も発売予定。

登場人物

押本ユリ (CV:渡部優衣)
新庄かなえ (CV:三森すずこ)
高宮なすの (CV:鳴海杏子)
板東まりも (CV:花澤香菜)

ケーキ屋の店長 (CV:町田広和)
近藤うどん子 (CV:石原夏織)
トマリン (CV:小倉唯)
押本陽太 (CV:逢坂良太)
近藤アネンコフ (CV:喜多村英梨)

スピンオフ

2015年10月までに2つのスピンオフ漫画が発表されている。

  • 高宮なすのです! 高宮なすのを主人公とした作品。本編アニメ4期と同時にアニメ化された。
  • うさかめ 5巻から登場した兎亀高校テニス部員を主人公とした作品。こちらは桐沢十三が作画を担当している。


アニメ

1話がオープニングを含めて2分程度のショートアニメ。15分アニメでは最多と思われる8シーズンが制作されている。
その短時間に原作のネタを削らずに変な間もなくテンポよく放送。それ故に基本的に早口で進行する。

  • 1期・・・2012年10月~12月
  • 2期・・・2013年7月~9月
  • 3期・・・2013年10月~12月
  • 4期・・・2015年4月~6月
    • スピンオフである「高宮なすのです!」もセットで放送している。タイムスケジュールとしては、てーきゅう4期→高宮なすのです!→てーきゅう2期(再放送2話分)と考えるとよい。同時放送はヤマノススメ(スーパーてーきゅうタイムの後に放送)。(てーきゅうの再放送枠は、1期⇒2期と移行済)
    5期・・・2015年7月~9月
    • 気が早いのかもしれないが、何と第4期も放送が始まったばかりの段階で第5期の制作が決定していた。このとき既に公式サイトでも発表されており、第4期から第5期をそのまま放送するのか等が注目されていた。
    • 普通は4期を2クールで放送する流れと思われるが、これがてーきゅうクオリティなのだろうか?
    • 放送順序としては、てーきゅう(5期)→てーきゅう(3期再放送)→ミリオンドール枕男子と4期と似たタイムスケジュールで放送される。
    • 今回は、それに加えてエムキャスでの放送も決まっており、TOKYOMXのエリア外でもリアルタイムでてーきゅう(5期と再放送パート)が視聴できるようになった。(エムキャス自体が実験的部分も多い為、不具合が出る可能性も否定できないが…)
    6期・・・2015年10月~12月
    • コミックマーケットC88にて第6期の放送が決定していたのだが、第5期が絶賛放送中であった。「てーきゅうって3クールアニメだったのか?」という疑問が浮上する位には、この放送時期は狙っている可能性もあるが…。
    • 主題歌に関してはアース・スタードリームが担当する事も同時に発表された。
    • 放送順序は、JKめし!→てーきゅう(6期)→血液型くん!(3期)→あにトレ!EXまんがーる!(再放送)→ヤマノススメ セカンドシーズン(再放送)と5期と似たタイムスケジュールで放送。今期はアーススター色が非常に強い気配がするのは…気のせいだろうか。
    • 6期でも5期と同様にエムキャスに対応している。
    7期・・・2016年1月~3月
    • 6期が放送中という流れで、第7期の放送が発表された。「てーきゅうにはよくあること」ですね。分かります。
    • キービジュアルでは「うさかめ高校」のメンバーもいる為、出番があるのでは…と思われる。
    • 2016年3月に、8期が告知されることなく終了。1年続いた怒涛の連続放送は一旦中断し、公式ライバルの「うさかめ」に枠を譲ることとなった。
『ツッパリくんvs関取マン』がクライマックス感溢れるメロディの為、7期で終了と思われていた。
「買ってくれないと本当に終わってしまいますわよ!」とは言うが、その言った本人が事務所を辞めるなどの波乱もあり、現在この作品がどうなるかは不透明である。
  • 8期・・・2016年10月~12月
    • 約半年休憩しただけでした。
    9期・・・2017年7月予定
    • ユリ・かなえ・なすの・まりも「「「「続けたい!!」」」」--
    • …願い叶って現在TOKYOMX他数局で木曜22:40(一部地域では時間が違う)より放映中。
    • 今期より導入されたEDムービーの作画に度肝を抜かれる人も多く出た。
    • これを機会にみなさんもどうぞ。
    10期--ユリ「はぁ・・・10期あるかなコレ・・・」

スタッフ

原作 - ルーツ
演出・作画・脚本・絵コンテ・キャラクターデザイン音響監督・監督 - 板垣伸
企画 - 幕内和博 / 平田哲
企画協力・テニス指導 - 北田修一(YTE)
色彩設計 - 森博行
美術監督・美術 - 赤井文尚 / 二木佐友里
撮影監督 - 石野敦夫
編集 - 廣瀬清志 / 長谷川舞
録音 - 武藤雅人
効果 - 今野康之
アニメーションプロデューサー - 田中将士
アニメーション制作 - MAPPA
製作 - アース・スター エンターテイメント / ダックスプロダクション

主題歌

1期「没落貴族のためのてーきゅう」
作詞 - ルーツ / 作曲 - ワタナベハッカイ / 歌 - 渡部優衣

2期「メニメニマニマニ」
作詞・作曲 - やしきん / 歌 - 高宮なすの(CV:鳴海杏子)

3期「ぬふっとてーきゅうポトラッチ
作詞 - ルーツ / 作曲 - 山本はるきち / 歌 - Naive
クレジットにはないがメインキャラの4人のセリフ(過去に本編で言ったもの)が合いの手のように入る。

ベストセレクションOP「今宵フェスティバブル」
作詞・作曲 - やしきん / 歌- 高宮なすの(CV: 鳴海杏子)

ベストセレクションED「夕暮アフター」
作詞 ・ 作曲 ・ 編曲 - やしきん / 歌 - 鳴海杏子

4期「ファッとして桃源郷」
作詞・作曲 - やしきん / 歌 - 新庄かなえ(CV:三森すずこ)

5期「Qunka!」
作詞・作曲 - やしきん / 歌 - 板東まりも(CV:花澤香菜)

6期「とってもサファリ」
作詞・作曲 - やしきん / 歌 - アース・スタードリーム
キービジュアルにてメインキャラ4人の他、近藤うどん子トマリン近藤アネンコフの計7人がCDジャケットのアース・スタードリームと同じ衣裳を着ている。

7期「ツッパリくんVS関取マン」
作詞・作曲 - やしきん / 歌 - 押本ユリ(CV:渡部優衣)、新庄かなえ(CV:三森すずこ)、高宮なすの(CV:鳴海杏子)、板東まりも(CV:花澤香菜)
第69面にて、メインキャラ4人で「しゃもじーず」をバンドを結成するというエピソードがあったが、歌手名は4人のキャラ名とCVの表記となった。

8期 第85,86,89,91,93,95面「グルテン哀歌」
作詞・作曲 - 園田健太郎 / 歌 - 近藤うどん子(CV: 石原夏織)
「哀歌」の読みは「エレジー」。

8期 第87,88,90,92,94,96面「ニホンゴワカリマセン」
作詞・作曲 - 園田健太郎 / 歌 - トマリン(CV: 小倉唯)

9期 オープニング「ドリーム・ファースト・宣誓しょん!」
作詞・作曲 - 大畑拓也 / 歌 - 押本ユリ (CV: 渡部優衣)
ようやく押本ユリ名義での単体OPである。

エンディング「開運! 招福! 炎天歌」
作詞・作曲 - 渡部チェル / 歌 - アース・スター ドリーム

舞台

2015年夏に舞台化した。サブタイトルは「先輩とめぐりあう時間たち」で、会場は日本芸術専門学校大森校劇場だった。日程は7月29日から8月2日までで、全8公演が行なわれた。更に、2016年春には、ディレクターズカット版という形で一部内容がブラッシュアップされ再演。会場は初演と同一だった。日程は3月16日から3月21日までで、全10公演が行なわれた。

初演、再演とも、脚本・演出はヅカ★ガール飯塚未生によるものである。本作のアニメ版は非常に早口なことで定評があるが、なんとこの舞台版においても台詞の速さは再現されている。およそ100分の公演の間、怒涛のテンポでギャグの応酬が繰り広げられ続ける内容だ。アニメを知っている人でも、その勢いには圧倒されてしまうだろう。

初演は既に DVD 化されており、再演も DVD 化される予定なので、チェックしていない方は購入してみてほしい。DVDメディアゲートの専用サイトからのみ購入することができる。

なお、舞台版公式サイトにおいては、初演時の情報の大半が再演時の情報に上書きされてしまっており、初演の日程やキャスト等を確認することができない。しかし、アニメ版公式サイトの「ニュース」を遡れば、初演時の情報もある程度は取得することができる。


ゲーム

ポップン

コナミによる音楽ゲーム。ラピストリアに第2期のオープニングである「メニメニマニマニ」が収録された。

CHUNITHM

セガによる音楽ゲーム。2016年2月4日のアップデートより、第4期のオープニングである「ファッとして桃源郷」が追加された。

maimai

CHUNITHMと同じセガの音楽ゲーム。「ファッとして桃源郷」が同じく収録されたのだが、ムービーには原作アニメの映像が追加、ゲーム中で使用可能な各種アクセサリーも収録されている。

関連タグ

ルーツ
テニス ギャグアニメ



関連アカウント



外部リンク

公式サイト


連載・配信


Twitter


ほか

pixivに投稿された作品 pixivで「てーきゅう」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2945427

コメント