ピクシブ百科事典

ひとつの国のリラ

ひとつのくにのりら

utml氏によるGUMIオリジナル曲。 PVを hie氏 が、マスタリングを cheap氏 が、エンコードを 7@氏 が手掛ける。
目次[非表示]

概要

ただ一つ愛した。それだけの事。

歌詞

一つ国のそのリラ・ソラテラス
「残酷だ汚らわしい」
嘘つきのオオカミ


男「教をただ祈れ」
女「名声をただ笑え」
彼は孤独だった


「君は無力だ、ただ息をして触れて哀を知ることでしか」
彼は泣いた、涙も知らず 孤独な彼の手を繋いで 彼女は言う


生きて死んで巡りそして恋に落ちる
約束事二人笑み空に燈(とも)し
言葉にすれば消えちゃう程に
脆(もろ)く淡く切ない時間の飾りに
繋ぐ指先が離れる程の
罪を罰を彼は1人で背負った
引き剥がすのは色彩の落で
色褪せた彼の音を静かに
嗚咽(おえつ)と抱いた


ホラ 「呪え」と「呪え」と一つ
「壊せ」と「壊せ」と 老婆が笑いかけ
踊れ ルルリラルルリラ
共に感情と存在を委ね捧げよう
貴様らに 


悲しみも喜びも痛む心も無くて
パッと消えたぬくもり
彼女は問う空に乞(こ)う
泣けど泣けど彼を待つ


「逢いたい死にたい死にたい逢いたい」 彼を想い
人は脆(もろ)く人は汚いモノでしょう
感情一つ救えないのは
頬を伝う光と温度の行方に
生まれ変われたらまた紡ぎたい
それがソレがそれがただ一つの願い
燈色(ひいろ)の空に落ちる悲しみは
重ね重ね縫い合わせる糸で


憎しみの音


踊れや喚(わめ)け


気がついた時涙で染まる
彼女は彼女はうなだれ
指の先に残った彼とだけの思い出
灯した火と命を絶つ


「そして君は影を無くし、時に流れ」
約束事一人笑み空に燈(とも)し
愛していたのは偽りじゃなく
小さく鳴る儚い二つの音(ね)を無くす
一つ森の中、忘れた絵本
人を愛し人を憎む物語
彼女が生きた切なる願いは
今は誰もが忘れた小さな子供の頃で

関連イラスト

ひとつの国のリラ



別名・表記ゆれ

ひとつの国のりら 一つの国のリラ utml hie

pixivに投稿された作品 pixivで「ひとつの国のリラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2653

コメント