ピクシブ百科事典

アーバンアサルト

あーばんあさると

1998年10月9日にMicrosoftが販売した3D戦略型シューティングゲーム。 SF的な要素が強く、 50種近くの戦車・ヘリ・戦闘機・UFO・偵察衛星・・・らしき物が戦場を駆け巡る。 戦闘はリアルタイムに進行し、ターンという概念は存在しない。 また、本作には『自軍の戦闘ユニットはいつでも乗り降り自由』という特徴がある。
目次[非表示]

ゲーム概要

「人類最大の過ち」と呼ばれる環境破壊後、人類が僅かに生き残り生存競争を
繰り広げている近未来の地球が舞台。
地球外生命体マイコニアの襲撃により設置された「パラサイト」と呼ばれる
地球核からエネルギーを吸収する装置を破壊して生き残る事がゲームの目的。

ゲームシステム

ゲームの進行とクリア方法

 全体MAPから侵攻したいエリアを選択し、そのエリアを突破していく事が主要となる。
初めは選択できるステージも少なく小規模な戦闘が繰り広げられるかもしれないが、
後半になるにつれてエリアは多岐に渡り、いずれも一筋縄では困難極める物となるだろう。
 ホストステーション(以下HS)と呼ばれる中枢マシンから戦闘ユニットを生産し、
それをMAP上に展開して陣地を拡大し、次のエリアへの移動装置『ビームゲート』を
くぐる事でステージクリアとなる。(戦場に居る敵機を倒さなくてもクリアが可能)
 最終的に、数十以上のエリアの奥に存在するパラサイトシティの『ビームゲート』を
突破してパラサイトを破壊すればゲームクリアとなる。

行動に必要な物

 戦闘ユニットを生産したりHSを移動したりする為には電力が必要で、
MAP上に配置(もしくは自分で設置)されたパワーステーション(以下PS)から
電力供給を受ける必要がある。
 PSの発電量は上限が決まっている上に、自軍の陣地が狭いと出力が下がってしまう。
そのため、自軍の陣地をいかに効率良く拡大させ、相手陣地を奪うかが攻略の鍵となってくる。

戦闘ユニットの配置

 戦闘ユニットの配置は主に2Dマップ(或いは部隊リスト)で戦闘ユニットを選択し、
配置したいエリアをクリックすれば、ユニットがその場所まで自動的に移動する。
指定したエリアが未占領或いは敵陣だった場合、自動的に占領状態になるまで占拠活動を続ける。

陣地の確保

 陣地は、自陣・敵陣・未占領に分別され、地形や建物に一定のダメージを与える事で
そのエリアを自陣として占領する事が可能。
 エリアごとに対占領耐久度が存在し、PSや建物が密集している地域などは
繰り返し攻撃を加えないと占領できない場合も多々ある。
 敵のPSを占領すれば自軍施設と同等に利用可能であるため、
手薄な敵のPSを占領して建設コスト(これも電力を大量消費する)を浮かす事が可能。
逆にPSの防衛を疎かにしていると敵に占領されて取り返しの付かない結果になる事も。

戦闘の開始方法

 戦闘は、各ユニットのロックオン射程内に敵機が進入した場合に自動的に開始される。
そのため、敵の侵攻ルート上に迎撃部隊を配置しておけば後は自動で迎撃してくれる。
 当然敵陣に部隊を突撃させれば敵陣側でドンパチしてくれる。
(部隊ごとに、目的地点まで敵を無視して移動する設定も可能)

AIに任せない

 主人公(プレイヤー)は常時HSに搭乗しているが、
既に戦闘中の戦車に乗り込んで敵HSを攻撃したり、
待機中の戦闘機に乗り込み単身敵陣へ突入したり等、
戦況に合わせて自由自在に自軍戦闘ユニットの操作が可能。
 その際、戦闘ユニットはHSから遠隔操作しているだけなので、
撃墜されても自分がやられた事にはならずゲームの続行が可能である。
 逆に、戦闘ユニットを遠隔操作中に自分のHSが落とされてしまった場合は
何が起きたか理解できぬままゲームオーバーとなるので注意が必要。

 なお、操縦中の戦闘ユニットから降りるのも自由であり、
自分が降りた後は戦闘ユニットの処理がAI操作に戻る。

 また、戦闘ユニットごとに操作性が違うので、
乗り慣れないユニットはAIに任せてしまっても良い。

その他

必要スペック

対応OS:Windows 95/98
CPU:Pentium 133MHz以上(166MHz以上推奨)
RAM:16MB以上(32MB以上推奨、Windows 98の場合32MB以上必要、48MB以上を推奨)
HDD:140MB以上(実行時に必要な空き容量 50MB)
CD-ROMドライブ:4倍速以上のCD-ROMドライブ(8倍速以上推奨)
ディスプレイ:解像度640×480、256色以上(Direct3Dと互換性のある3Dアクセラレータ カードを推奨)

・・・と、圧倒的ロースペックを要求される。

WindowsVista以降ではヘリコプターのAIが働かないという不具合が存在するが、
アーバンアサルト起動後、
オプション>Direct3Dデバイス
の設定をデフォルトの『ソフトウェア』から
『プライマリ ディスプレイ ドライバー』へ変更する事で改善される模様。

プレイ人数

シナリオモード:1人
対戦モード  :1人~4人(※1人で開始の場合はステージ確認モードとなる)

機体生産数上限

生産可能な戦闘ユニット数は使用PCに依存するらしく、
千機単位の部隊を管理する事も可能。
(対戦モードでは大量生産防止対策として機体数が増えるほど発電量が減る仕様)

周回プレイ

周回プレイは存在しない為、新規ゲームにてやり直す必要がある。
なお、クリアデータでも未攻略ステージが存在する場合には継続して戦闘する事が可能。

小ネタ・豆知識

・倒した敵機の残骸から電力吸収可能。
・ほぼ全ての機体が、ロックオン射程<実射程 の為、スナイパーゴッコ可能。
・敵のPSに近付くとエネルギーを吸収される。敵陣で突然死する原因はコレ。

別名・表記ゆれ

urban_assault

この記事のカテゴリ

ゲーム

pixivに投稿された作品 pixivで「アーバンアサルト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 295

コメント