ピクシブ百科事典

ウォートマトン

うぉーとまとん

暦を忘れたそんな時代。 「生きる。」、そのことだけを考えていた時代。 それから、どのくらい時が経ったのかわからない時代。 優しくない星の海を彷徨い、枝分かれた時代。 「少年期」の鉱物・農作物資源開拓惑星、アルファベットと数字の羅列の名の星。

創作SF物語「白のジュブナイル」


暦を忘れたそんな時代。

「生きる。」、そのことだけを考えていた時代。

それから、どのくらい時が経ったのかわからない時代。

優しくない星の海を彷徨い、枝分かれた時代。

「少年期」の鉱物・農作物資源開拓惑星、アルファベットと数字の羅列の名の星。

登場マシニングの基準

・稼動に伴うモジュール同士の接触磨耗による「自壊防止」
・各モジュールが単体で「サブメソッドとしての自立制御」
・素材はウレタンのようなやわらかさの金属構造体(内部はスポンジ状の無垢に近い)
・動力は「Luminous-Drive」という技術が主体
・古の惑星間戦争時の蔑称に「ウォートマトン(Wartomaton)」と呼ばれていた。
・古代期から昏迷期の間に「マルチ・パーパス・サイロ」を内包搭載する機種が増加。
 外観状、違いのわかりにくい武装を搭載していた模様。
 例:「リボルビング・ランチャー」(多種の目的の為の任意選択式回転格納装置)
 例:「トランスフォーマブル・ウェポン・モジュール」(形状可変式武装構成物)
・戦時過渡期では、戦闘維持能力の再生が異常加速な為、過剰破壊「オーバー・キル」に普遍化し、懐疑心・倫理観が薄れている。

戦術戦闘用人型マシニングの存在から衰退

・戦術戦闘用マシニングが「人型」として現れた時期、諸要因は不明。
・当初は、「人型」による「ニューロ・コントロール・システム」、「マスター・スレイブ・システム」を有用だと考えられた。
・その後、「人型」による「人の延長としての有用性」が曖昧になり、「固執した形状の存在価値」が薄れていく。
・徐々に、「人型」であることの存在価値が崩れ始め、「効率の優先」が求められていく。
・果ては、「人型に偽装した戦闘兵器」に落ち着くが、戦線状況の超長期化により「飽和」が始まる。
・そして、「目的の為の手段」が「手段の為の目的」に置き換わり、「目的意識の根本の忘却」にて、「改めの再考察・再構築」が始まる。
・ただし、残存する戦術戦闘用マシニングは、「老廃物の如くの扱い」をされるが、「建造数の異常量」による、「賊による運用」が稀に見られる。
・また、異なる星系において、未だに新規建造されている傾向も見られる。

関連タグ

白のジュブナイル

pixivに投稿された作品 pixivで「ウォートマトン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3662

コメント