ピクシブ百科事典

エッグトラップ

えっぐとらっぷ

アライグマの捕獲用に開発された罠
目次[非表示]

概要

1983年、アメリカ合衆国アイオワ州トンプソン獣医学博士によって考案された。
1987年、アメリカ合衆国特許取得後、アルバータ州、イリノイ州およびイリノイ大学、ミシシッピ大学によるフィールド研究、行政機関および民間の有害獣駆除などで用いられている。

使用実績は、ハワイを除くアメリカ全州およびカナダ、ドイツ、ポーランド等である。
1985年から販売している。

仕組み

卵型の罠の下部に穴があり、そこから手を入れて奥のトリガーを引くと、罠が発動し、手が固定される。

注意点

他の動物が手を入れて誤作動させないために、設置場所には十分な注意を払う必要がある。

外部サイト

地域から アライグマを 排除するための 手引き

こちらの、P.28に詳細が記載されている。

コメント