ピクシブ百科事典

キャッチ太り

きゃっちぶとり

美味しそうな物を人が食べていると自分もついつい食べたくなってしまう。 人の"食べたい"という"気持ち"をキャッチしてしまい、 結果自分も我慢できずに更に食べてしまって、太ってしまう。 それがキャッチ太り。 日々、次々と新たに生み出される蕩ける様な美味しさのスイーツへの誘惑や、 様々な食欲や、体型維持の為の厳しい食事制限と戦う、 女子力を高めたい女子にとっては天敵の一つである。
目次[非表示]

キャッチ太り


(※但し、人によっては程よくぽっちゃりな方が似合っていて、
 その方が女子力が高い場合もある。)

主な症状


ふと、美味しそうな食べ物を食べている人の姿が、貴方の目に入る。
するとなぜか…。貴方は突然こんな風に感じてしまう。

あ、わたしもそれ!食べたい!!おいしそう!わたしも食べる!!

(若しくは、お昼時に周りの人達がお腹が空き始めると…、
 あ、何かまたお腹が空いてきた…。等と感じ始める)

あれぇ…?でも、おかしいな…。
ついさっきお腹いっぱい食べたはずなのに
なんだかまたお腹が減ってきちゃった。

う~ん、ま、いっか。
食べちゃえ!
別腹別腹!
おいし~♪

といった具合で、人のお腹が空いた気持ちや状態を
「キャッチ」してしまい、必要以上に食べることによって
「太って」いってしまう状態を指す。

症状の発覚の発端となった発言。

かつてオーラの泉という番組に出演していた、江原氏が
ウチくる!?
という番組に出演したことがあった。
石塚英彦氏と一緒に食事をするシーンの映像があり、
江原氏が石塚氏をして、

お昼時に人が食べている、という思いをキャッチするだけで
食べたくなってしまう。

とその体質について指摘した。それに応え
石塚氏が
「キャッチ太り!??」
と言葉を返した。
これが、この言葉の、誕生の瞬間である。

その究極系の一つの結果がどういった体型を
生み出すことにつながるのか…。

人の気持ちを受け取った結果の優しさが
どんな形を生み出すのか…。

それは石塚氏の生き様を見て頂くのが
最も良いのかもしれない…。

関連項目として
人の気持ちを受け取りやすい

「エンパス」
という体質と関係があるのではないかとされる。

参考文献

葦原氏の「黎明」という本の中、文中に
この現象を記載した指摘がある。

以下、一部転載

※人が食べているのを見ると、自分の好みに関わらず、
 同じものが食べたくなるなど……

コメント