ピクシブ百科事典

サイバーブラッド

さいばーぶらっど

サイバーブラッドとはpixivで連載されている小説。
目次[非表示]

概要

「中二病の限界」をテーマにしており、主に「BLOODY MONDAY」を参考に、これでもかというほど中二病要素が盛り込まれている。
全12章、3部構成の予定である。

ストーリー

「宿命ノ血」編

第1章「Deathly New Year's Eve」

タイトルの意味は「死の大晦日」

連載中の為公開できません

第2章「Lost Life」

タイトルの意味は「失われた命/生活」

第3章「Evil One」

タイトルの意味は「悪魔」「邪悪なる皇」

第4章「Return Of The Brave」

タイトルの意味は「勇気ある者の帰還」

「滅ビノ太陽」編

あまりにも先のことすぎるので公開できません。

登場人物

「05 天雷」時点の登場人物である。

鷹霧ヒロト(たかぎり ひろと)

新宿区立第6高等学校に通う高校2年生、16歳
所謂超能力者(エスパー)であり、直接手を触れずに物体を動かせる。
ある日ヒロトが見た予知夢から戦いは始まる。

三上京弥(みかみ きょうや)

ヒロトの幼馴染で、ヒロトと同じ高校に通う2年生。
天才的なハッカーで、windowsでの東京都庁へのハッキングを成し遂げた。

アンジェリーナ・桜・田中(あんじぇりーな さくら たなか)

日本人とアメリカ人のハーフだが、見かけはほぼ日本人で、唯一青い瞳だけがアメリカ人の父親譲りである。
よくヒロト達に(いろんな意味で)置いてかれる。
一応パソコン部員だが、パソコンの知識は皆無に等しいよう(一応ウィキペディアを使って調べ物が出来るくらいはあるらしい)

木村謙也(きむら けんや)

ヒロトと同じ高校に通う3年生
パソコン部部長で、訳あってサイバークロス社に勤めている(バイト?)

白羽レイ(しらはね れい)

ヒロトの後見人
ヒロトの幼少期は、彼の父からヒロトを預けられていた
新宿区第3地下シェルターの管理人で、自衛隊に勤務している、階級は少尉
ヒロトの両親の親友だが・・・?

西尾幹彦(にしお みきひこ)

ヒロトの担任、厳しい面もあるが、実は生徒を守るためなら命を捨てるほど生徒思いの教師

汐井玲斗(しおい れいと)

ヒロトのクラスの学級委員、リーダーシップはあるが、やや慎重すぎる傾向がある

鷹霧峯(たかぎり みね)

ヒロトの母親、ヒロトの幼い頃に、当時パンデミックを引き起こしていた伝染病にかかり死亡。
その時残した不思議な言葉が本作の鍵となる。

用語

サイバークロス

日本の新宿に本社を構える超多国籍大企業
詳細は不明だが、アメリカに影響力を持つほど強い政治的発言力がある。

HCM

High Class Machineの略称、アーガナイトと呼ばれる鉱石をCPUとして使用することで、莫大な情報処理能力を得ている

皇帝の天雷

サイバークロスの開発した核爆弾
3発で地球を跡形もなく消し去ることができると言われている
保有国はアメリカ(ただし保管場所はフランス)、ロシア、日本の三国

コメント