ピクシブ百科事典

スザク(シンカリオン)

えーじぇんとすざく

スザクはアニメ「新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION」登場人物のひとり。

CV:渡辺明乃

概要

 13話終盤に登場。巨大怪物体と化したゲンブハヤトリュウジとの直接対決で敗れた事を受けて、真の支配者からセイリュウと同じく宛がわれ地上へと派遣された。ボブヘアースタイルの女性。ビャッコらとは地位が同列である。頭部や頬、左肩、腹部に黒曜石がバレッタやメイク、ボディピアスの様に付いているなど矢張り人類の体格とは微妙に異なっている。スカートの中身も大腿部が侵食されている。

 直接攻撃をメイン実験にしていたゲンブと異なり、人の弱さ、欠点を突いた嫌らしい策でシンカリオンを攻め立て、敵が罠を仕掛けるならば敢えて乗じる事も厭わない。また、人の情念を可視化させ、黒い粒子を用いて固形化させる術を用いる。その初陣にアズサの好奇心を利用する為、人の姿へ化けて接近(この能力は他の一族への譲渡も可能)。捕縛フィールド内での戦闘をSNSで中継させ人質同然に同行。家出をしたシャショットには素顔で接触して、黒いshincaで洗脳と、その性格は悪女と呼ぶに相応しい。

 他の代行者と行動を共にせず、黒曜石との浸食融合率も低い理由から変装して単独での情報収集を好んでいると推測されたが、函館山での実験では遠くから静観し、失態後に現れ詰めの甘さを酷評していた。ただし、本人は否定しながらも仲間に対する優しさは持っており、同胞を道具として利用するソウギョクのやり方には反感を持っており、セイリュウを苛烈な処罰から守ろうとしていた。ゲンブやセイリュウも彼女には家族的な仲間意識があり、出水との交流でそれを自覚するに至った。
ビャッコに対しては何か想う処があったのか石化した彼に何度か話しかける描写があり、後述の自爆行為に至ったのもビャッコならばそうすると答えている。また『おしえて!シャショット』で検索するとわずかながら二人の関係を匂わせる返答を返してくる。


戦わなければ人間を理解できないと云うセイリュウに対しては内部潜入が可能なデヴィリッシュ・セルラーで偵察させるなどの気遣いは出来る様だ。ブラックシンカリオンの敗北後も進化ではなく個々の成長を唱えるイザの意に賛同。ビャッコとゲンブに共闘する案を提示した。ノブナガスイグンの基となった鉄甲船を作った織田信長縁の本能寺跡に赴くが、その無念は彼女に苦悶を齎し、焼け甲を融合させる為に情念を掻き集めるも、触手の如く絡め取られるなど一筋縄では行かず、ビャッコに心配させた程である。

 しかし、先発隊として遣わされたトラメ達が外宇宙から帰還した事を知り、現状で築き上げた「進化ではなく変化」に対応する事や、彼ら側の思想に一抹の不安を危惧している。

 セイリュウが拠点に戻らない事を言われ寂しさを漂わせており、その後どうなったか視聴者一同は不安視されていたが、余命幾ばくも無いイザのサポートに回っており、フェイクのゲンブ等を生み出し交戦の道しかない事を通告させた。それでもセイリュウを利用しようとするソウギョクに付きまとわれ、選択肢が狭まった彼女の答えはウルトラグランクロスを繰り出さざる状況を生み出し石化して果てる以外になかった。京都大文字で巨大化を果たし、自ら発した炎で遠近攻撃をさせず焼き尽くす行為に出るも、状況を悟ったセイリュウに看破され、ふたりの二の舞にさせまいとハヤト達は捕縛フィールド内のレールの1部を切断しブラックシンカリオンへの橋渡しに使い、セイリュウがゲンブやビャッコの遺志は自分達が家族として生き続けることである事を伝え自殺行為を体を張って止めさせた。

 その後、何事も無かった様に健在で、自身も自暴自棄を起こした理由が分かっていなかった。セイリュウから地底世界の警戒を解ける手配を頼むが、彼女からは鍋料理の話題を出されるも、隠れ家的バーに行きたい趣旨を述べられ、東日本指令室の1室を学園祭的演出にさせ本庄が接待。後日ソウギョクに交渉を行った。

 OP後半の追加映像で漸く他の3人とシルエットで揃い、新映像も含み映っていたが、帰還組と入れ違いで短期に終わる。

 ピクシブでは、当初その大半は本来の姿ではなく、人間態での姿ばかりが投稿されていたが、素顔が徐々に散見された。

関連タグ

新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION

ドクター・ゲッコー…中の人が同じかつ、カップやきそば現象

pixivに投稿された作品 pixivで「スザク(シンカリオン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 78852

コメント