ピクシブ百科事典

スマブラワールドゲームヒーローズ

すまぶらわーるどげーむひーろーず

スマブラに登場する世界的に有名なゲームキャラ達の事である。
目次[非表示]

概要

スマブラシリーズを通してファイターとして参戦しているキャラクターは、全部で74体(色変えでの参戦を除く)。
その中には、9人の世界的に有名なゲームキャラも入っている。

pixivでは、該当の他社キャラとマリオかピカチュウのセットで描かれているイラストが多い。

一覧

「ミスター・ビデオゲーム」マリオ

マリギャラ変身なう!


「Let's-a-go!」

任天堂の看板にして、いわずと知れた「ミスター・ビデオゲーム」。
初登場は1981年に発売された『ドンキーコング』(ただし当時は名前が無かった)。
人離れたジャンプ力やいろんな技が使える変身、スポーツ万能など、様々な才能を持っている。スマブラ以外でもバランスタイプで、どんな状況でも対応できることが多い。
たくさんのゲーム作品に出ており他作品のキャラ達からも、「マリオを知らない者がほぼいないほどの有名人」と評価している。

「雷撃のねずみポケモン」ピカチュウ

●・ω・●


「ピーカー♪ ピカー♪」

ポケットモンスター』シリーズの看板キャラクター。
初登場は1996年に発売された『ポケットモンスター赤・緑』。
TVアニメで主役ポケモンでも合ってか、ゲーム自体やったことがない人でもキャラクターを見れば老若男女問わず知っているであろう有名なポケモンでもある。

「伝説の傭兵」スネーク

スネーク


「ショウタイムだ。」

コナミの『メタルギア』シリーズから参戦した伝説の傭兵。
初登場は1987年に発売された『メタルギア』。
その後『メタルギアソリッド』で一躍有名になった彼だが、その『メタルギアソリッド』はプレイステーションからの販売であった。
ただし任天堂のゲーム機に作品自体に縁が無かったわけではなく、いわくつきのファミコン版『メタルギア』、初の携帯ゲーム機のメタルギアだったゲームボーイカラーの『メタルギア ゴーストバベル』の他、『メタルギアソリッド』のリメイク『メタルギアソリッド ツインスネークズ』がゲームキューブで、『メタルギアソリッド3』の移植『メタルギアソリッド スネークイーター 3D』が『ニンテンドー3DS』で発売、といったように複数の作品がリリースされていた。また、バーチャルコンソールのMSX2版『メタルギア』・『メタルギア2』も配信されていた。

X』で他社組の中で先鋒を努めたファイター。
for』では諸事情があったらしく不参加に終わったが、
最新作『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』にて10年ぶりに帰ってくる事となった。
『X』に参戦してから、長らく消息不明であった彼は、再びこう言ってくれるだろう。
「待たせたな!」、と…

「世界最速のハリネズミ」ソニック

Free Speed


「もたもたしてると置いてくぜ!」

任天堂のマリオに対抗するために誕生したセガの看板キャラ。
初登場は1991年に発売された『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』。
主に海外で人気を集めた他、日本でも知名度が高く、アニメ化なども展開された。
2007年末からライバルのマリオと共演するようになり、今は良き好敵手(ライバル)になっている。

「青きメタルヒーロー」ロックマン

ぼくらはキミをまっていた!



カプコンから誕生した『ロックマン』シリーズの主人公。
初登場は1987年に発売された『ロックマン』。
幾度もなく派生作品やアニメなどが作られ、海外ではソニックとのコラボ漫画も掲載されていた。

「黄色い伝説」パックマン

パックマン



ナムコ(現:バンダイナムコエンターテイメント)から誕生した『パックマン』シリーズの主人公。
マリオより1年早い1980年生まれの彼は、「もっとも成功した業務用ゲーム機」としてギネスに登録された。
近年では映画に出たり、CGアニメ化したりと色々忙しい。

「不断の探求者」リュウ

オレより強い奴と相見えるか。


「ここが大乱闘の舞台か…」

カプコンから第二の参戦(厳密にはカプコンUSAからの参戦)。
ストリートファイター』シリーズの主人公にして、格ゲー界の「生きる伝説」。
初登場は1987年にアーケードで稼働した『ストリートファイター』だが、当時は設定やデザインが大きく異なっていた。
波動拳昇龍拳など使い、俺より強い奴に会いに行く
彼は様々なゲーム作品で様々なゲームキャラ達と出会ったが、コラボゲームの中でもっとも有名なスマブラに参戦することは、多くの格ゲーファンに衝撃を与えた。

「ソルジャー・クラス1st」クラウド

工場いいよね~


「こんな日が来るとは思わなかったな…」

スクウェア(現:スクウェア・エニックス)から誕生した『ファイナルファンタジー』シリーズを代表するキャラの一人。
初登場は1997年発売の『ファイナルファンタジーⅦ』。
彼と彼が出るゲームによって日本のRPGの存在を世界に知らしめるきっかけとなっり、世界的爆発的に有名になった。
参戦当時『Ⅶ』以降のナンバリング作品が任天堂ハードに出ていないこともあり、スマブラファンにとっては衝撃の出来事であった。(後にHDリマスター版がSWITCHで発表)

「ヴァンパイア・ハンター」シモン・ベルモンド

登城



最新作『SPECIAL』において、コナミからの第二の参戦。
1986年にディスクシステムで発売された第一作から始まるゴシックホラーアクションゲーム、
悪魔城ドラキュラ』シリーズの初代主人公。出典シリーズの質やサウンドはもはや伝説級。
彼のダッシュファイターとして『血の輪廻』の主人公「リヒター・ベルモンド」も同時参戦。

関連タグ

スマブラ 大乱闘スマッシュブラザーズ
スマブラ3DS/WiiU 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL
スマブラ組み合わせ・CP一覧
スマブラ四天王 他社組 DLC組
スマブラヴィランズ:こちらはスマブラの悪役のグループ

pixivに投稿された作品 pixivで「スマブラワールドゲームヒーローズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6879

コメント