ピクシブ百科事典

スレイラ神話大全

すれいらしんわだいぜん

スレイラ神話大全とは、東ダーナ神族・天子タビト神を中心に、オムニバス形式で展開する「神話」小説である。

スレイラ神話大全とは、同人小説作家・佐藤真二が中学2年生の頃から、30年後の今日に至るまで練り続けてきた小説の総称である。
その神話の序章である「赤キ狩人」の第1話のみ漫画なのは、作者の佐藤氏が主人公・「土留馬(とどめ)タビト」の絵を動かしたかったためだが、実際に制作してみたところ完成までに5年もかかってしまい、全話で40話近くある話を書くのは無理だと断念。結局、以降は全て小説とあいなった。
因みにカテゴリーではラノべと書いたが、実際にはSF(少し不思議な)小説である。
小説の内容は、主人公の親友・東木 和美(あずまぎ かずみ・男・享年15歳)が突然、不慮の事故で死ぬ際に、主人公宛ての手紙を遺す。それは、和美が造った謎の兵器「器(うつわ)」約2千体を全て破壊してくれと書かれていた。主人公・タビトは苦労しながら器「赤鯱神(あかしゃちがみ)」を駆使して器を破壊して行くというストーリーである。
小説は、現在8話まで出来ていて伏線を孕ませながら展開している。8話では、物語の核心である人物「タビト神」に関する話が登場し、この人物が器狩りとどう関係しているのか、要注目である。

pixivに投稿された作品 pixivで「スレイラ神話大全」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1039

コメント