ピクシブ百科事典

ターナー(キャラクター)

たあなあ

「うごくメモ帳3D」におけるリレー作品「チート戦争リレー」等に登場したキャラクター。
目次[非表示]

概要

ターナーとは、「うごくメモ帳3D」におけるリレー作品「チート戦争リレー」等に登場した
キャラクターの事を指す。
年齢は「チート戦争リレー」参加時点では21歳。
身長172cm。現代なら一般人程度の身長だが、ターナーが生きている時代では
少し高めといった所。
好きなものは飯。というか、好き嫌いを言ってられる状況に生まれていない。
その為、食べられる物なら虫でも雑草でも食べる。
嫌いなものは無い。
戦闘の際は物理攻撃で前衛に立ったり道具による後方支援を行う。
物理攻撃に関しては貫通能力を手に入れていくためかなり強いが、魔法は一切使えない。

どういった者か

「知識等が全くない」「自分で考えて行動すると大抵ひどい目に遭う」という
戦闘できるのか怪しいくらいの馬鹿さを持つ。
長い話をされると大抵わからない所をその場に居る誰かに聞くが、その頻度がとても高い。
しかし、「身体能力がかなり高い」「未来予知並みに勘が冴えている」などの長所もある。
……まあその長所もほとんどの場合は戦闘中にしか発揮されないため、
普段の生活ならただの馬鹿である。
だが、「あまりにも馬鹿すぎて精神に影響を及ぼす魔法を使われても気づかない」事には、
さすがに限度というものがあるだろう。
子供とよく遊ぶ。外だろうと中だろうと、とにかく遊ぶ。
ゲームをやると大抵負けるが、唯一格闘ゲームなら勝てる模様。

経歴

N-29シェルターにて誕生。
12歳ごろ、悪魔戦闘師(デビル・バトラー)として活動を開始。
13歳ごろ、「神の遣い」を名乗る者からの依頼で、
友人の「エイベル」と共に各地を巡り悪魔を倒す。
数か月後、神の遣いが本当に正しいのか言い合いの末、エイベルとは別行動を取る。
同時期、「真の救世主」として崇められていた少女「リリー」と行動を共にする。
15歳ごろ、悪魔の元凶を絶つために魔界へと渡る。
18歳ごろ、右腕を食いちぎられ、失った右腕の代わりとして
「バトル・アーム(戦闘用機械腕)」を装着。
この時、本当に使うのか分からない機能を「男のロマン的な何か」で付けまくった結果、
一か月分の食料や水を買える金額を使い果たしてこっぴどく怒られた。
21歳の時、平和になった直後に突如としていなくなった。
24歳の時、ひょっこり帰ってきた……と思ったら25歳の時にリリーを連れて居なくなった。
一か月してまたひょっこり帰ってきた。
これ以降は居なくなって帰ってきての繰り返しである。

その他

バトル・アームの機能として悪魔の召喚や使役も可能だが、
使役する際は誤作動ばかりだった為、結局身一つで悪魔と戦う事に。
唯一「付けなきゃよかった」と後悔している。

関連タグ

チート戦争リレー Ewigkeit_Schlacht

コメント