ピクシブ百科事典

デビルサバイバーアツロウ

でびるさばいばーあつろう

デビルサバイバーの登場人物
目次[非表示]

詳細は、木原篤郎

アツロウとは?

本名は、木原篤郎。

主人公と同じ17歳(高校2年生)。主人公の高校に入ってからの親友である。

ネットとアツロウ

両親がパソコン関連の仕事で海外にいるため(英語が出来ないと言う理由で、両親との同居は断っている)、パソコン上のチャットでしか友達が出来なかったという。

チャット上でのあだ名は「教えて君」。
コンピュータ類に明るく、ハッキングすることもできる。
また、時事にも強く新しく施行された法律について知識を披露する場面もある。

ナオヤとは主人公と会う以前からネットを通じて交友があり
「ナオヤの一番弟子」を自称するほど慕っている。

ゲーム内では、悪魔の力の有用性に気づき、悪魔を消滅させるのではなく、新たな動力として活用することを思いつく。

性格

コンピューターオタクという設定とは裏腹に、かなりの根性・柔軟さの持ち主であり、理不尽な逆境の中で逞しいそぶりを見せる。

反面、人の意見に左右されやすいところがあるらしく、主人公やユズの意見にしぶしぶながら合わせていく場面も多い。

ユズの事を「ソデコ」とあだ名で呼んでいる。
逆にユズには「オタクロウ」と呼ばれることもある。

ユズに対して、かなり悪のりするため、謝る場面いくつかある。

ゲーム内では

全仲間キャラクター(デビルサバイバー2も含め)中唯一全ルートで最後まで一緒にいる仲間でもある。

しばしば説明役や面倒事を任されたり、事態を収める役回りになる事が多い。

「いってやれ、アツロウ」や「アツロウくん?」など主人公の選択があると聞ける。

一言でいうと、可哀想なPCオタク。

キャラランキングでは3位。

コメント