ピクシブ百科事典

目次[非表示]

神話のバリエーション

実は、パニアに纏わる神話は2つの諸説に分かれている。本稿ではその2つの諸説を解説する。

諸説、その①

昔々、海の民の娘:パニアは毎日岸まで泳ぎに行き、夕方になると深い海へ帰っていた。ある日、パニアが岸に泳ぎ着いた時、一人のマオリに出会った。その名は、カリトキ。二人は幾度も会い、恋に落ちた。

しかし、パニアは、夕方、サイレンが鳴る時に海の底へ帰らなければならなかった。なぜなら、パニアの住処は陸ではなく海の底で、なにより海の者は、陸で暮らすこと、陸にあがることを禁じられていたからだ。それでもパニアは、陸で愛するカリトキと暮らしたかった。ある日、パニアは、その掟を破ってしまい陸にあがってしまった。やがてカリトキが戦争に出て留守にした際、パニアは海にいる家族を訪ね、再び陸に戻ろうとしたところ、海の神の怒りを買って海中の岩棚に姿を変えられてしまった。

諸説、その②

パニアはニュージーランド北島の海に住む美しい娘であった。日中はサンゴ礁の生き物と共に泳ぎ、日が暮れると後にネーピアが立地することになる入江に流れ込む小川に行くのを常としていた。小川をさかのぼり、亜麻の茂みで休息をとった。

さて、マオリ族の族長・アリキの息子で、大変ハンサムなカリトキという若者が、最も塩分濃度が低いという理由で毎晩その場所で渇きをいやしていたのだが、パニアが何週間も(彼女がささやかな魔法を使ったその時以来)カリトキを見つめていることは知らなかった。それは風に乗ってカリトキのもとに届き、彼を振り向かせた。その結果隠れ家から出てきたパニアを彼は見ることができた。この時まではパニアの一方的な片想いだったが、当のカトリキもパニアほど美しい女性を今までに見たことがなく、一瞬で2人は恋に落ちた。

命を賭けて互いに愛を誓い合ったパニアとカリトキは秘密裏に結婚し、パニアはカトリキの家に行くが、暗い時間帯につき目撃した者はなかった。日の出と共に、パニアは帰る準備を始めた。引き留めるカトリキに対しパニアは、『海のサイレンが毎朝私を呼ぶけれど、そうなったら帰るしかなく、もしそれに背けば私は生きていられない』と説明する。パニアは毎晩来ると約束し、2人の結婚はこの約束を厳守した上で続いた。

カトリキは美しい妻を友人たちに自慢するが、妻を見た者がいないので信じてもらえなかった。この事に不満を募らせたカトリキは、村の長老に相談した結果、幸運にもパニアたち水棲人類の存在を知っていた長老から『パニアに調理された食べ物を飲み込ませれば海に帰る事を許されなくなって、いっしょに陸で暮らせる』と教えを受けた。

その夜、パニアが眠りに就くと、カトリキは調理された食べ物を一かけら彼女の口にねじ込んだ。するとすぐに、ルル(ニュージーランドアオバズクの現地名)が大声で警告したのでパニアは驚いて目覚めた。カトリキは心臓が止まるほど驚き、パニアはそのまま逃げて海に飛び込んだ。カトリキは必死で海を泳いでパニアを追ったが、パニアの同族たちは水面に上ってきて、彼女を深みに引き下ろした。それ以来カトリキはパニアを見ていない。

今でも、サンゴ礁から深みを見通すと、別れた恋人を求めて両手を広げるパニアが見えるという者がいる。カトリキの裏切りについて説明を求めているのか、それともいまも変わらぬ愛なのか、それは分からない。

パニアの像

ニュージーランドのネイピアにあるマリン・パレード沿いの公園に立っている美しい少女の像がパニアの像である。

検索画像


pixivにて当タグのイラストを創作なさる際、参考にされたし。

パニア_ポリネシア神話

パニアとカリトキ

関連タグ

ニュージーランド
ポリネシア神話
悲恋

外部リンク

パニアの像
〖[ニュージーランド] [ネイピア Pania of The Reef Statue (パニアの像)〗
Wikipedia

関連記事

親記事

ポリネシア神話 ぽりねしあしんわ

兄弟記事

コメント