ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ミミハネ族(みみはねぞく)

元の名前は“耳羽族(じはぞく)”、古代は闇の民のひとつ、オウルを神として信するの精霊族です。眉毛の末がミミズクの羽角みたいなものがある。寿命結構長い、身体素質も優秀、凄い暗視能力、「戦闘民族」と呼ばれている。
昔、全族の力で大陸に侵入し、混乱を起こした。その後、戦闘の台詞“Jihad”を回避するため、全族を「ミミハネ」に変名した。
今は世界各地に分散している、半分以上の族人はハーフでした。彼らの耳羽と身体能力もう大分退化している、一部特徴が残っているですが、能力もう一般人類とあんまり変わらない。でも北のところ、結構人数の純血族民がいる。身体の有利性で「賞金稼ぎ」と「暗殺者」として大陸で活躍する。

今、大陸の族人のあいだ、連絡がないの状況もう結構長いです。すでに当地の民族に融合している。ゆえ、【この種族国制限なし】。

純血族人の瞳は必ず【金色】です。

ハーフの瞳のいろはいろいろ。

pixivに投稿された作品 pixivで「ミミハネ族」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 387539

コメント